《占い魔女ヒカリちゃん》の汎用性について:リクルート効果と相性の良いレベル1・魔法使い族特集!

公開日: : 最終更新日:2019/05/17 モンスターカード

『コレクションパック 革命の決闘者編』に収録される新カード《占い魔女ヒカリちゃん》の効果考察記事です。

「フォーチュンレディ」での活躍が期待されている「占い魔女」ですが、「占い魔女」モンスターの効果自体は普通に汎用性能であり、様々な魔法使い族デッキでの運用可能性を秘めたものばかりです。

今回はその中でも一際高い可能性を感じる《ヒカリちゃん》に注目してみました。

SPONSORED LINK

コレクションパック革命の決闘者編

発売日 2019年5月18日 (土) 
価格 150円(税抜き)
公式HP 革命の決闘者編

占い魔女ヒカリちゃん

《占い魔女 ヒカリちゃん》 
効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合、
自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地へ送り、デッキから魔法使い族・レベル1モンスター1体を特殊召喚する。

収録:【コレクションパック革命の決闘者編】

効果で《フォーチュンレディ・パスティー》と《ライティー》をリクルート可能な為、「フォーチュンレディ」との相性は言うまでも無く抜群です。

今回は「フォーチュンレディ」からは少し離れた視点でのこのカードの運用法について考えてみたので、そこら辺については割と割愛しています。

占い魔女ヒカリちゃんでリクルート可能なオススメモンスター

EMトランプ・ウィッチ

《EMトランプ・ウィッチ/Performapal Trump Witch》 
ペンデュラム・効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻 100/守 100
【Pスケール:青4/赤4】
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
【モンスター効果】
(1):このカードをリリースして発動できる。自分のデッキ・墓地から「融合」1枚を選んで手札に加える。

 

デッキ・墓地から「融合」を手札に!

融合ギミックを有するデッキに出張させて「融合」サーチ・回収役として使おう。光と闇で丁度カオスになるのもちょっぴり見どころ※PなのでEXに行っちゃいます( ゚Д゚)姫宮出そう

ミスティック・パイパー

《ミスティック・パイパー/Mystic Piper》 
効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカードをリリースして発動する。自分のデッキからカードを1枚ドローする。この効果でドローしたカードをお互いに確認し、レベル1モンスターだった場合、自分はカードをもう1枚ドローする。「ミスティック・パイパー」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 

レベル1デッキにおける優秀な潤滑役になってくれるかも?

双方にシナジーがあるので相性はかなり良さそう。1回目のドローで《ヒカリちゃん》を引いてしまうとタイミングを逃すので要注意。

青き眼の乙女

《青き眼の乙女/Maiden with Eyes of Blue》 
チューナー・効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):フィールドの表側表示のこのカードが効果の対象になった時に発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「青眼の白龍」1体を選んで特殊召喚する。
(2):このカードが攻撃対象に選択された時に発動できる。その攻撃を無効にし、このカードの表示形式を変更する。その後、自分の手札・デッキ・墓地から「青眼の白龍」1体を選んで特殊召喚できる。

 

青き眼の方々との相性は良好

「青き眼」シリーズとの相性は概ね良好ですが、「青眼の白龍」の混ぜ具合次第では調整が難しくなりそうです。《乙女》《賢士》辺りはレベル1・汎用としても使えるので扱い易そうです。

魔導獣 ジャッカル

《魔導獣マジックビースト ジャッカル/Mythical Beast Jackal》 
ペンデュラム・効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻 0/守1400
【Pスケール:青4/赤4】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合、自分フィールドの魔力カウンターを置く事ができるカード1枚を対象として発動できる。このカードを破壊し、そのカードに魔力カウンターを1つ置く。
【モンスター効果】
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):自分フィールドの魔力カウンターを3つ取り除き、このカードをリリースして発動できる。デッキから「魔導獣 ジャッカル」以外の「魔導獣」効果モンスター1体を特殊召喚する。

 

キングケルベロス・ジャッカルに繋げられると強そう

コチラは魔力カウンターギミックに少し寄せた構築での運用になりそう。《ジャッカル》自体カードパワーが高いので、リクルート出来て刻めれば強い盤面に繋げられそうです。

オルターガイスト・ピクシール

《オルターガイスト・ピクシール/Altergeist Pixiel》 
効果モンスター
星1/風属性/魔法使い族/攻 100/守 100
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをリリースして発動できる。自分のデッキの上からカードを3枚めくり、その中から「オルターガイスト」カード1枚を選んで手札に加え、残りのカードは墓地へ送る。

 

墓地を3枚肥やす動きとして注目してみました

「オルタ―ガイスト」カードが無くても墓地を肥やせる動きに注目。「オルタ―ガイスト」には該当モンスターがもう一種類(メリュシーク)がいるので、そこら辺を絡めるのも面白そう。

エフェクト・ヴェーラー

《エフェクト・ヴェーラー/Effect Veiler》 
チューナー・効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0
(1):相手メインフェイズにこのカードを手札から墓地へ送り、
相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

 

混ぜやすさナンバーワン!

素引きして安心。リクルートしてもチューナーとして使える安心感。採用し易さは強さの証明。

条件自体は緩めですしね!

自身効果によるSSである必要はありませんが、とにかく手札から特殊召喚するという条件を達成できるかどうかにもかかってきます。

まぁ、少し意識してやれば達成できる条件でしょうし、リクルートに繋げること自体は割と容易でしょうね。

主な活躍の場は「フォーチュンレディ」でしょうけど、それ以外でも色々使えそうなカードではあります。

Amazon:遊戯王OCG デュエルモンスターズ COLLECTION PACK 革命の決闘者編 BOX

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. トランプウィッチはペンデュラムのためリリースしたらEXデッキにいってしまうのでカオスとは相性悪いと思います

  2. などりぃ より:

    ヒカリちゃんは召喚神エクゾディアデッキに入れてエクゾパーツをリクルしやすくできるようになるので期待大です!

  3. 匿名 より:

    アベマでアニメ見直したからなー
    ものマネ幻想師出したい笑

  4. 匿名 より:

    調律の魔術師・・・・・

コメントを残す

【捕食植物ヴェルテ・アナコンダ】融合・フュージョン通常・速攻魔法の効果を拝借!全てのデッキでラスティ・バルディッシュを運用可能!?

『リンク・ヴレインズ・パック3』に収録される《捕食植物ヴェルテ・ア

【デュエルリンクス:リミットレギュレーション】堕天使の戒壇やネオスフュージョン等がリミット2に変更!粉砕等のスキルにも変更が!?

『デュエルリンクス』の最新リミットレギュレーションが公開されま

《神聖魔皇后セレーネ》は魔法使い族汎用リンク?お互いのフィールド・墓地を参照して魔力カウンター供給するの謎過ぎます

『リンク・ヴレインズ・パック3』に収録される《神聖魔皇后セレー

【超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ効果考察】ブラマジデッキ、レッドアイズデッキ双方の利点・強みを考える!真紅眼融合から出て来るのはホント強いよね

『LEGENDARY GOLD BOX』に収録される《超魔導竜騎士

【20thシクの女剣士カナン当たる!?】思い出と共にカード名をツイートして応募!管理人はこんな感じでツイートしたよ!

Twitterにて、遊戯王OCG10000種突破記念キャンペー

【メガリスモンスターのサーチすゝめ】マンジュや儀式の準備だけじゃない!《魂の造形家》が使えるの驚きました!

既に相性の良いカード記事は作成しているのですが、今回はサーチに

【LEGENDARY GOLD BOX収録カード情報】ブラマジ×真紅眼、ネオス×ユベル、シュースタ×TG!

「Yu-Gi-Oh.JP」にて、12/21日発売『LEGENDAR

【リンク・ヴレインズ・パック3収録カード情報】L・G・D、捕食植物、エンディミオンリンク来た!

「Yu-Gi-Oh.JP」にて、11/23日発売『リンク・ヴレイン

→もっと見る

PAGE TOP ↑