【星杯ストーリー考察・解説外伝「星杯を戴く巫女イヴ」の軌跡】「星遺物」物語の鍵を握る悲劇のヒロインの軌跡を辿る!

公開日: : カードストーリー

『ダーク・ネオストーム』で遂にイヴが復活する(?)との事で、おさらいも兼ねて彼女の軌跡についてまとめてみました。

「星遺物」ストーリーの鍵を握る悲劇の少女、「星杯を戴く巫女」(イヴ)の軌跡を今こそ辿ろう。

※本記事は「星杯」「星遺物」ストーリー解説・考察記事の補足として作成した記事の為、お読みになっていない人はまずそちらからご覧いただけると幸いです。

第一幕「星杯」 第二幕「星鎧」 第三幕「星盾」 第四幕「星槍」
第五幕「星冠」 第六幕「星杖」 第七幕「星櫃」
SPONSORED LINK

《星杯を戴く巫女》少女イヴの軌跡

星杯を戴く巫女

《星杯を戴く巫女/Crowned by the World Chalice》
通常モンスター
星2/水属性/魔法使い族/攻 0/守2100
星神に鎮魂の祈りを捧げる巫女。手にした杖は代々受け継がれし祭器であり、力を結界に変えて機界騎士による支配から森の民を守護している。森の守護竜が懐く程の神通力をその身に秘めているが、普段は兄と幼馴染を大切に想う、心優しい少女の顔を見せる。

 

星杯の導きによって仲間達と旅を始めた頃の姿。

祭器の鍵はこの時点で既に手にしている(代々受け継がれてきたもの)。

星杯神楽イヴ

《星杯神楽イヴ/Ib the World Chalice Priestess》
リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/魔法使い族/攻1800
【リンクマーカー:左/右】
種族と属性が異なるモンスター2体
(1):リンク状態のこのカードは戦闘・効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。
(2):このカードのリンク先のモンスターが効果で破壊される場合、代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

 

星杯の加護を受けたイヴの姿。

仲間に支えられるだけでなく、味方の危機には自らの身を呈して守る効果は、彼女の献身的な強さと優しさを表している。

…ここまでで分かるように、本来の彼女は魔法使い族・水属性です(後々重要)。

よく見ると周囲を小さな星杯が回っているのが分かりますね。

夢幻崩界イヴリース

《夢幻崩界イヴリース/Knightmare Corruptor Iblee》
効果モンスター
星2/闇属性/サイバース族/攻 0/守 0
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のリンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力を0にし、効果を無効にして、このカードとリンク状態となるように自分フィールドに特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードのコントローラーはリンクモンスターしか特殊召喚できない。
(3):このカードが自分フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。このカードを相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。

 

《星杯の妖精リース》によって体を乗っ取られたイヴの姿。

「トロイメア」を操り「アウラム」や「ジャックナイツ」を追い詰めるが、最終的には自らの意志で命を絶つ。

しかし、それが発端となり、「アウラム」と「ニンギルス」は袂を分かつ事に…。

周囲に浮遊しているのは「ジャックナイツ」のコアと色が対応している事から、彼らのコアと思われる。

オルフェゴール・ガラテア

《オルフェゴール・ガラテア/Galatea, the Orcust Automaton》
リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/機械族/攻1800
【リンクマーカー:右上/左下】
「オルフェゴール」モンスターを含む効果モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):リンク状態のこのカードは戦闘では破壊されない。
(2):除外されている自分の機械族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをデッキに戻す。その後、デッキから「オルフェゴール」魔法・罠カード1枚を自分フィールドにセットできる。

 

妹の死を受け入れる事が出来ない「ニンギルス」(ロンギルス)が妹を模して創造した傀儡。

この器にイヴの魂が宿っていたのかどうかは定かではないが、何者かの魂は宿っていたようだ…(意味深)。

大きなカマは、「アウラム」が「蒼穹の機界騎士」から受け継いだ二対の剣の内の一つと考えられている。

守護竜ユスティア

《守護竜ユスティア》
チューナー・通常モンスター
星2/水属性/ドラゴン族/攻 0/守2100
星鍵は流れぬ涙を流し、天命は果たされる。神の門は嘶き崩れ、蛇は守人の夢幻を喰らう。其の魂は始まりの地に、彼の魂は終極の地に。――此処に神獄たる星は闢かれん。

 

《星杯を戴く巫女》とレベル・属性・ステータスが一致しているだけでなく、双方にみられる翼の形状が同じものである事が見てとれる。

「イヴ」の魂は「ガラテア」ではなく「ユスティア」に宿っていたという考え方も出来そうですね。

星杯の神子イヴ

《星杯の神子イヴ》
シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/水属性/魔法使い族/攻1800/守2100
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードをS召喚する場合、自分フィールドの「星杯」通常モンスター1体をチューナーとして扱う事ができる。このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。
(2):S召喚したこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分のデッキ・墓地から「星杯の神子イヴ」以外の「星杯」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

どういった経緯でこうなるのかは不明ですが、「星杯」の加護で「イヴ」が復活するのは間違いなさそう。

自分フィールドの「星杯」通常モンスターをチューナー化できる効果を見るに、「星杯」の加護自体を彼女が体現している様にも思えます。

レベル5…ユスティア(イヴ)はレベル2、アウラムはレベル3。

愛する仲間の下に彼女は戻ってこれたのかもしれませんね…(今度はお兄さんの番だ)。

夢幻転星イドリース

《夢幻転星イドリース》
効果モンスター
星9/闇属性/天使族/攻2100/守2100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのリンクモンスターのリンクマーカーの合計が8以上の場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):相手フィールドのリンクモンスターの数が自分フィールドのリンクモンスターより多い状態で、このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。フィールドのリンクモンスターを全て墓地へ送る。
(3):自分フィールドのレベル9モンスターは効果では破壊されない。

 

名前から「イヴ」の文字が消えている所から推測するに、残っているのは「妖精リース」と「何か」と思われる。

その「何か」については未だ不明ですが、周囲にまとわりつく龍(蛇)の口内に確認できるカラーは「トロイメア」「機界騎士」「守護竜」由来のものと考えるのが自然に思えます。

体の形状が《守護竜アガーペイン》と酷似している事を考えると、「リース(ガラテア?)」「守護竜)」「イド(無意識の本能的衝動)」の集合体って所でしょうか?

手に持っている杖(祭器の杖+蒼穹の剣?)が「イヴ」が持つそれと同じなのも気になります。

悲劇続きだったけど少し希望が見えて来た!

イヴはとりあえず救われそうなので、あとはお兄ちゃんを救ってあげてください(熱望)。

追伸:「星杯の神子イヴ」がシンクロ・チューナーである事を考えると、アウラムの更なる進化体にも期待できそうですよね!

第一幕「星杯」 第二幕「星鎧」 第三幕「星盾」 第四幕「星槍」
第五幕「星冠」 第六幕「星杖」 第七幕「星櫃」
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    悲劇的なストーリー故少しでもいいから救いが欲しいですね・・・
    でもシンクロになっても胸は薄い・・・

  2. 匿名 より:

    イヴとアウラムで出せるレベルなの良いですよねー
    あれ、ニンギルスはレベル4…しゅ、守護竜と合わせればいけるから!
    今回のストーリーはハッピーエンドで終わって欲しいです

  3. 匿名 より:

    兄貴の強さとアウラムの弱さを考えるとアウラムは本来無関係な人だったのかもね
    アウラムはリースに選ばれてるあたり、リースがなんらかの保険で連れてきたかもしれない

  4. 匿名 より:

    アウラムくんの軌跡も見たいですねェ。最後まで駆け抜けるだろうし。

  5. 通りすがり より:

    地味に星杯3兄弟のレベル合計は2+3+4で9なんですよね
    つまり公開されていない神子イヴを経由する星杯3兄弟の最終形態が・・・?

  6. 匿名 より:

    リースとアウラム君でも出せちゃうw
    浮気かな?

  7. ガガガガンブラー より:

    神子イヴのサーチとサルベージ効果、形は違いますが『星杯』と同じですね
    あとアストラムがイヴの祭器を待ってるのでアークロードと神子イヴでリンクしたのかもですね

  8. なーんか、イヴの目が虚なのは気のせいだろうか?(もしや、イドリースに操られている可能性が…)

  9. 匿名 より:

    なんかスカートのとこ、透けてるように見えません?

    だとしたらエロすぎるけど一回そう思ったらどんどんそう見える奴だ

  10. 匿名 より:

    >どういった経緯でこうなるのかは不明ですが、「星杯」の加護で「イヴ」が復活するのは間違いなさそう。

    今回のパック「DARK NEOSTORM」にあるカード「転臨の守護竜」のイラストから察するに、下記流れになったと思われ。

    ①ユスティアがイドリースの胸元に閉じ込めていたイヴを救出。
    ②ユスティアがそのままイヴと融合し、「星杯の神子イヴ」として復活。
    ③復活したついでに、イドリースの左手に持っていた武器を奪還。
    ④パラディオン達と合流し、天穹のパラディオンにその武器を渡す。
    ⑤パラディオン・イヴ・星杯の守護竜アルマドゥークが力を与え、天穹のパラディオンは双穹の騎士アストラムに進化。

コメントを残す

《シルバーヴァレット・ドラゴン》でEXデッキをぶっ壊せ!新生・ヴァレットデッキの先行ムーブ!【リボルバー様の良き力】

今回のストラクの中でも1,2を争うお気に入りカードである《シルバー

《ヴァレルロード・F・ドラゴン》のシークレットの封入率判明!【封入率の情報提供を頂きました!】

《ヴァレルロード・F・ドラゴン》のシークレットが欲しい! っ

【トポロジック・ゼロヴォロス活用法】ムラクモノオロチシステムでフィールドを全除外!6200で殴れ!

「ゼロヴォロスってどうやって使うの?」 結構頻繁に見かける疑問で

【カオス・インパクト 収録カード・リスト・レアリティまとめ】ご隠居の大釜判明!これは良いカード【ねるねるねるねはイヒヒヒ】

7月13日発売『カオス・インパクト』の収録カード情報をまとめた

【トーナメントパック2019 Vol.3収録カードリスト判明】決闘竜トークン&手札抹殺がスーパー収録!【収録内容から関連テーマ・強化を予想】

2019/7月期~9月期に配られる「トーナメントパック2019Vo

【応戦するGが高騰した理由について】守護竜・ドラゴンリンクへの対策として注目!

スーパーレアが絶賛高騰中の《応戦するG》について。 本記事で

【ヴァレルロード・X・ドラゴンの活用法】ヴァレルロード・F・ドラゴンの登場で扱いやすさが格段にアップした!?【タイトル・記事修正】

「《ヴァレルロード・X・ドラゴン》のデメリット大きすぎじゃね?」と

【リボルバーストラク・ヴァレット裁定まとめ】トレーサーやリチャージャーをお得に強く使おう!

「ストラクチャーデッキ-リボルバー」収録カードの気になる裁定をまと

→もっと見る

PAGE TOP ↑