【アルケミック・シャイニート・アカシック物語】3人娘は今日も大騒ぎ!《ライバル・アライバル》からの《にらみ合い》

公開日: : 最終更新日:2018/01/28 カードストーリー

《ライバル・アライバル》で、かしまし三人娘となった《シャイニート・マジシャン》、《アルケミック・マジシャン》、《アカシック・マジシャン》に関するカードストーリーを管理人なりの解釈でまとめた記事です。

錬金術を操る3人の若きマジシャンの軌跡をお楽しみください。

SPONSORED LINK

愉快なマジシャン三人娘(アルケミック・シャイニート・アカシック)

《アルケミック・マジシャン》
  • 実験大好きっ子
  • シャイニートとは学生時代の親友であり最高のライバル
  • 3人の中では自分が一番常識人だと思っている
《シャイニート・マジシャン》 
《ダウナード・マジシャン》 《ドーピング》
  • 超天才的な頭脳の持ち主だが天性の怠け癖で本気を出す気配がない
  • 協調性や社交性もやや欠落気味
  • 本気モード(ダウナード)になるとヤバイ薬をたくさん作る
  • 《ドーピング》は彼女の代表作の一つ
《アカシック・マジシャン》
  • 《アルケミック》《シャイニート》と同級生なのかどうかはいまだ不明
  • 二人の可愛らしいホムンクルスを連れている
  • 理知的だが熱くなりやすい性格

その1.《エクシーズ・トライバル》

遊戯王/第8期/3弾/CBLZ-JP077 エクシーズ・トライバル

アルケミ:「あんた寝たばっかりいないで少しは外に出なさい!」
シャイニ:「お布団が私を離さない。出来る事なら永眠したい…。」

布団から出てこない《シャイニート・マジシャン》を《アルケミック・マジシャン》が引っ張り起こすシーン。

《シャイニート・マジシャン》はお名前のイメージ通りの怠け者みたいですね。

  • シャイニー、シャイ、ニート
    「シャイニー」(光)、「ニート」(勉強も労働もしていない人)まではしっくりくるのですが、「シャイ」(内気で恥ずかしがりや)もかかっているのかどうかは謎。確かに人見知りは激しそうではある…。

その2.《ダウナード・マジシャン》

遊戯王OCG ダウナード・マジシャン ノーマルパラレル AT17-JP003-P

《アルケミック・マジシャン》が小うるさいので少しだけ働いてみた。

外に出るか仕事するかの二択を迫られた(のかどうかは不明)ので、部屋にこもって研究に没頭中の《ダウナード・マジシャン》。

この研究によってとある薬が出来上がる。

  • 《ドーピング》との関係はマスターガイド4に書いてます
    《ドーピング》と言えば、攻撃力を700UPしてその後200ずつダウンしていく装備カード。よくよく考えると、《ダウナード》の素材×200ってのは《ドーピング》の数値を意識しているのかもしれませんね。

番外編.《ドーピング》《副作用?》

遊戯王OCG 副作用? ノーマルレア CORE-JP080

効果は確かのようですが、その後の副作用?がとにかくヤバイっぽい…。

管理人は「モンスターエナジー」を飲むだけでお腹の調子が悪くなる人なので、このドーピングを飲むと一発だと思う(笑)

  • これがきっかけで《ライバル・アライバル》の口論に繋がるのかな?
    この副作用がきっかけで《ライバル・アライバル》の口論に繋がるとも考えられますが、そうでなくとも普段からやり合ってそうなので関係ない気もしますね。

その3.《ライバル・アライバル》

遊戯王/ライバル・アライバル(ノーマル)/サーキット・ブレイク

アカシック:「二人とも久しぶり!元気してた!?」
ホムンクルス①:「(け、喧嘩してる怖い)」
ホムンクルス②:「(じーーーーーーーー)」

《シャイニート》と《アルケミック》の二人は、今日も仲良く喧嘩中。

そんないつも通りの風景に割って入る《アカシック・マジシャン》とおつきのホムンクルス×2。

これはまたまた波乱の予感。騒がしくなりそうです…(近所迷惑)

  • ちなみに海外版だとほっぺたつねってません
    暴力はダメ絶対って事らしい。

その4.《にらみ合い》

にらみ合い ノーマル 遊戯王 フレイムズ・オブ・デストラクション flod-jp064

《アルケミック》と《アカシック》が衝突した原因が気になる一枚。

元々犬猿の仲なのか?《シャイニート》が《アルケミック》にいじめられたと告げ口したのか?それとも全然違う理由?

仲裁に入ったホムンクルスたちが全然役にたっていないのが(笑)

  • あー痛い痛い。アルケミックが全部悪いんでーす
    《シャイニート》の狡猾さならこれくらい言ってそうじゃないですか?宙ぶらりんになってるホムンクルスが可愛いです。

マジシャンかしまし三人娘

継続更新しやすいようにおさらいも兼ねて記事にしてみました。

この《にらみ合い》の後にどんなハプニングが発生するのか…ワクワクしますね!

次のレギュラーパックが楽しみです(入らないかもしれないけど…)

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. ジョナ=サン より:

    海外版アライバルは腕掴んでるせいで逆に暴力振るってるように見える…見えない?

  2. などりぃ より:

    ライバルアライバルもかわいいし、にらみ合いはもっとかわいい
    いいイラストストーリーだと思う

  3. かえして より:

    目が汚れてしまったのか海外版はベッドに押し倒されてるようにしか見えないんですよね・・・

  4. 匿名 より:

    米版は○ズ○イプ寸前にしか見えない

  5. 匿名 より:

    全員もれなく可愛いですねー。

    にらみ合いのシャイニートは、右手の感じが二人を宥めてるようにも見えます。
    「あー痛い痛い。あんたらもうその辺にしとけば?」
    とかどうでしょうかね。
    次のカードに期待です。

  6. RUM ロマンス より:

    これだけ見ると、一番功績残してるのシャイニート(ダウナード)ちゃんというね。

    他の薬品系だと、赤青ポーション、スーパーZとかありますね~。使用上の注意を良く読み、用法、用量を守って正しくお使い下さいm(_ _)m。

  7. 匿名 より:

    シャイニートかわいいですよね~
    使う予定ないのにシャイニートとダウナード買っちゃったくらいには好きです。
    ダウナードの方はLLデッキに保険として入れてます。イラストアドは全てに勝る。

  8. smilemaker より:

    アルケミちゃん、あの髪の長さで生活できるのかな?とイラストを見て思う私であった。

  9. 匿名 より:

    >《アルケミック》と《アカシック》が衝突した原因が気になる一枚。
    ライバル・アライバル(ライバル到着)でアカシックが到着してるので、元々アルケミックのライバルなんじゃないですかねこの子

  10. お花畑なコーデリア より:

    アルケミックとアカシックが喧嘩してるのはあれですよ、ライバルアライバルのシーンでアカシックが2人が喧嘩しているのを見て「みなさん喧嘩はやめてー!なんつってーwww」(喧嘩の仲裁の適当さ)って言ったからでしょう(笑)

  11. 匿名 より:

    アルケミックもアカシックもシャイニートが大好きなんだけど、怠けてる時には厳しく当たるアルケミックと甘々に甘やかすタイプのアカシックの間で度々衝突が起こるんじゃないかなぁ…という妄想
    要するにシャイニートは魔性の女

  12. 匿名 より:

    にらみ合い<<
    バラエティー脳なのか最初に思い浮かんだのがダチョウ倶楽部だった

  13. 匿名 より:

    根拠はないけど
    ダウナードはテンション低い=ダウナーとオタク=ナードがかかってると思ってます

コメントを残す

【Vジャンプ応募者全員サービス(VP18)届く】実物画像・初期キズなどもなくて大満足!

「RR流-究極個人情報保護バリア」 Vジャンプ7月特大号で実施さ

【ブルーアイズ・ソリッド・ドラゴンの強さはどう?】対モンスター版《白き霊龍》という印象・ヴェーラーやうさぎをすり抜けろ!

『DP-レジェンドデュエリスト編3』の収録カードの中から、本日は、

【ゴッドオーガス&覇王眷竜スターヴ・ヴェノムによるサイコロ大作戦】最大14枚ドローが可能になる(かもしれない)夢の塊

本日は、《ゴッドオーガス》を嗜む者にとっての常識になりつつあるスー

【デッキから特殊召喚できる汎用性の高いオススメ魔法・罠カード】リクルートカード編《名推理・トランスターンなど》

久々の汎用性の高いオススメ魔法・罠特集は【デッキからの特殊召喚編】

【公式でスリーブ化して欲しいカードイラストの願望を漏らす記事】七皇の剣・レッドアイズ・融合等々

好きなカード・デッキとなると、それを保護するスリーブにも拘りや統一

【ブラック・バード・クローズの効果は理想の形】ブラックフェザー・ドラゴンへの愛を感じる

アニメ放送後の定期ツイートで公開された「BF」新規《ブラック・

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第53話感想】目的の為には手段を選ばない?ブラッド・シェパード強襲!!

カウント3宣言をブラフにして奇襲したり、AIに嘘情報を喋らせたりと

【デュエリストパックレジェンドデュエリスト編3・収録カードリストまとめ】手札からカウンター罠《ブラック・バード・クローズ》公開

本記事は、6月9日発売『DP-レジェンドデュエリスト編3』の収録カ

→もっと見る

PAGE TOP ↑