《ゲット・アウト!》の注意点!EXデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに2体いないと使えないぞ!

先程公開された《ゲット・アウト!》について!

EXデッキから特殊召喚されたモンスターを2体除去できる効果は間違いなく強力ですが、テキスト的に少し気を付けないといけない事が何点かあります。

アルケミックとアカシック…イラスト通り2体追い出さないといけないのだ!

スポンサーリンク

ゲット・アウト!の注意点

《ゲット・アウト!》 
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):EXデッキから特殊召喚された相手フィールドのモンスター2体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。

収録:【ライジング・ランペイジ】

相手フィールドにEXデッキから特殊召喚されたモンスターが2体いないと使えない!

効果自体は文句なしの強さですが、必ず2体対象にとらないといけないテキストは状況次第ではネックです。

相手フィールドを指定しているのは、自分の場と相手の場の組み合わせで発動するというプランをとらせない為の措置って事でしょうか?

まぁ、EXデッキからモンスターが2体出てるなんてのは日常茶飯事ではありますが、状況によっては腐ってしまうのは気になるポイントです。

サイドボードとしてかなり優秀に見えます

最近はEXデッキに依存していないデッキも割と多いですし、メインに積むのはちょっと怖いかな?

でも仮想敵・仮想布陣が想定できるデッキ相手にサイドインするのは全然アリなカードだと思います。

サンドラ相手に入れたら結構嫌がってくれそう!

コメント

  1. バウンスという点で同パックの妖仙獣を少し意識している感じがありますね
    独眼群主の打点上げにも貢献しますし

  2. トラップトリックからの選択肢としても良いと思いますね
    同じく2枚除去罠の狡猾な落とし穴ともいい感じに差別化されてて、罠型のデッキならサイドの採用も有りかも知れませんね

  3. EXゾーンにリンク&メインゾーンにEXからSSってだけで条件満たせるから、メインから積んでも全然いける気がする
    守護竜リンクが環境で暴れる前にぜひ確保したい

  4. 予想より汎用性低くてメイン積みはキツイんじゃないかなぁ
    強脱はいつでも誰にでも(完全フリーチェーン・自分のモンスターにも)発動出来るメリットがとにかく大きいので、そこを欠いたこのカードはバウンス対象+1体のメリットを差し引いても弱い点が目立つかなぁと
    複数バウンスでは攻撃反応ではありますが、エアフォースに劣る、という評価に落ち着くと思いますね

  5. ある程度展開されている状況で発動する条件ながら、対象耐性持ちやライトニングマスター等を展開されると機能不全に陥る点でEX多用する相手でも扱いが難しそう
    相手を見つつサイドから決められればおいしいですね

タイトルとURLをコピーしました