【デュエルリンクス】最新リミットレギュレーション&スキル変更情報!

『遊戯王デュエルリンクス』の【最新リミットレギュレーション】が、公式Twitter及びゲーム内アプリ内で公開されました。

アークファイブワールド実装に伴う《EMコール》の規制からはじまり、その他シェア率の高いデッキへの規制など、様々なカード・デッキに影響を与えるレギュレーション変更になっています。

なお、同時にスキルに関する変更も発表されているので、そちらも併せてご覧ください。

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI
スポンサーリンク

デュエルリンクス最新リミットレギュレーション【10/13日適用】

《EMコール》が【リミット1】設定カードに

通常罠
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に、その攻撃モンスター1体を対象として発動できる。その攻撃を無効にし、守備力の合計が対象のモンスターの攻撃力以下となるように、
デッキから「EM」モンスターを2体まで手札に加える。このカードの発動後、次の自分ターンの終了時まで自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
『アークファイブワールド』実装に伴う規制。「EM」の種類が増えると色々問題が発生すると考えられた様です。

《サイバーロード・フュージョン》等が【リミット2】に設定されました

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールド及び除外されている自分のモンスターの中から、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを持ち主のデッキに戻し、
「サイバー・ドラゴン」モンスターを融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
このターン、この効果で特殊召喚したモンスター以外の自分のモンスターは攻撃できない。
通常魔法
(1):フィールドに「ハーピィ・レディ」が存在する場合に発動できる。
手札・デッキから「ハーピィ・レディ」または
「ハーピィ・レディ三姉妹」1体を特殊召喚する。
効果モンスター
星4/闇属性/獣族/攻1700/守 300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、手札からモンスター1体を除外して発動できる。
デッキからそのモンスターと同じ種族のモンスター1体を除外する。
(2):このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合、
除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
シェア率の高いデッキに多く採用されている人気カードたちが規制される形になりました。規制されたカードを使うデッキは若干パワーダウンって所でしょうか?

《底なし落とし穴》が【リミット3】に設定されました

通常罠
(1):相手がモンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。この効果で裏側守備表示になったモンスターは表示形式を変更できない。
デュエルを停滞させる戦術での使用が問題視されたようです。まぁリンクスだとホント強いカードですからねぇ……。

リミット解除カード

永続罠
(1):1ターンに1度、自分・相手のバトルフェイズに発動できる。
手札から「アマゾネス」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力はターン終了時まで500アップする。
(2):自分の「アマゾネス」モンスターが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる。
その相手モンスターを除外する。
(3):フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「アマゾネス」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
表側表示で自分フィールド上に存在する攻撃力1000以下のモンスター1体を選択する。
このターン、選択したモンスターは相手プレイヤーを直接攻撃する事ができる。
どちらも現環境なら許されるカードパワーであると判断されたようです。

スキル変更理由とその内容

最凶のイービルヒーロー

報酬カードの追加実装に伴い、キャラクターの固有スキルを使いやすくするために強化します。

ゼアル-ゼアルウェポン

デッキの一番上のカードを「zw」モンスターにする際に選択できるモンスターの種類を増やします。

銀河光子

「ナンバーズ・ハンター」に相応しいスキルになる様に強化します。

機械の城

キャラクターの固有スキルを使いやすくするために強化します。

オノマト変化

このスキルによって、「オノマト」デッキの様々な戦術を安定して行えるようになっており、あらゆるデッキに対して有利な戦術で対応できるため、下方修正します。

サイバー流奥義

「サイバー・ドラゴン」デッキは長期に渡って活躍しており、環境の固定化の一因になっているため、環境の変化を促進する目的で、このスキルを下方修正します。

デモンズ・レゾナンス

デッキの安定性を高めるスキルの勝率と採用率が上昇傾向にあるため、それらのスキルのうち、対戦環境で特に活躍しているこのスキルを下方修正します。

竜騎士へ至る道

デッキの安定性を高めるスキルの勝率と採用率が上昇傾向にあるため、それらのスキルのうち、対戦環境で特に活躍しているこのスキルを下方修正します。

セット!デルタアクセル!

「TG」モンスターの枚数が少ないデッキ構築でも「TGハルバード・キャノン」を容易に召喚出来るため、「TGハルバード・キャノン」を召喚する難易度を上げる調整を加えます。

終わらない罠地獄

罠カードを使った戦術を支える為のスキルでしたが、以前より罠カードが使いやすい対戦環境になったため、下方修正します。

ヒーローフラッシュ!

主に罠カードのコスト確保に使用されているため、「HERO」デッキでのみ使用できるように下方修正します。

スキルの変更点がかなり大きそうですね

アッパー調整も多いですが、一部かなり重めの変更を施されてるスキルもありますね。

これは構築が困難になるデッキも多そうです。

+1

コメント

  1. リンクスはこれあるから課金した人かわいそう

    +1
  2. ハーピィは正直全然痛くないと思う
    このまま環境にいたら次こそシンクロが規制されますね
    青眼はいつまで環境に居続けるんだろう

    +2
タイトルとURLをコピーしました