【遊戯王デュエルリンクス】リミットレギュレーション改訂:隣の芝刈り、デビフラ禁止等

遊戯王デュエルリンクス公式ツイッターアカウントにて、2020/10/14付けで適用される最新リミットレギュレーションの情報が公開されました。

長年にわたって猛威を振るってきた《隣の芝刈り》、《デビル・フランケン》の2枚が遂にリンクス初の禁止カードに指定されました。遂にこの時が来たって感じですね……。

スポンサーリンク

2020年10月14日付適用:最新リミットレギュレーション

禁止カード

隣の芝刈り
このカードに関しては、規制理由にある通りだと思います。開幕芝刈りは凶悪すぎるので、これは妥当だと思います。
デビル・フランケン
超上振れのワンサイドゲームを作り出す可能性があるので規制された感じですかね?スキルって概念がある以上、このカードも時間の問題だった気がします。

リミット1指定

スター・ブラスト
これに関してはぶっちゃけ禁止でも良かったレベルでは?ライフを支払う手段として強すぎるので、妥当ですね。
針虫の巣窟
5枚ドローと同等以上の効果を発揮するって文章に力を感じますね。まぁ、事実なのでこれもしょうがないですね。
リバイバル・ギフト
エクシーズ召喚に対する展開妨害として危惧されてる?こういう芽は確かに摘んでおいた方が良いかもしれませんね。

リミット2指定

封印の黄金櫃
光の援軍を名指ししているところが分かり易くて良い(笑)。元々カードパワーの高いカードだから妥当ですね。
光の援軍
デッキの少ないリンクス環境だとこの枚数の墓地肥やしでも影響力大ですもんね。扱いやすいですしね。
カラクリ小町 弐弐四
強化の影響がモロに出た感じですね。弐弐四は展開のかなめなので影響も大きそうです。
竜魔導の守護者
シンプルに強い。リミット2なら他の汎用カードとの兼ね合いで妥当な強さになりそう。
ブラック・バード・クローズ
手札から発動は勿論、効果がリンクスだと強いですよね。無効にしてデカい後続が出てくるカードは強いですわなぁ
ウィッチクラフト・サボタージュ
光の援軍を名指ししているのが分かり易くて良い(本日2回目)。まぁ、強いっすから

リミット3指定

召喚師アレイスター
汎用性の鬼であるアレイスターがリミット3に指定されました。OCGでも一線級なカードが弱い訳が無いですもんね。でもリミット3でもあんまり影響なさそう?

緩和されたカード(リミット解除)

雷電龍-サンダー・ドラゴン
光の援軍規制の都合を汲んでの緩和。まぁ他にも色々影響受けるカードがありそうだし当然ですかね。
エレメントセイバー・マロー
マロ―許された!というかマローを規制する理由が結果的になくなった感じか…。

スキルの調整も告知されています

同時にスキルの調整告知もされているので、そちらもチェックヨロシクです。

エクシーズ導入に応じて環境を一度整理しようって意思が感じられる改訂でしたね。

何だかんだで初の禁止カード指定は衝撃でした……。

コメント

  1. リミット3には霊神の神殿とコズミックサイクロンがあるので霊神召喚獣が消滅しますね

  2. 月光にネオスと移動する先が毎回使えなくなるの悲しい
    今から不知火も規制怖いし主人公バリアのあるブラマジか青眼あたりがいいのかな

  3. 開幕18枚落としができなくなるのはちょっぴり残念だけど、概ね的確ですね

  4. 召喚獣は形を変えてまた題頭してきそう。いや、必ずしてくるな。

  5. 向こう見ずに実装の限りを尽くした挙句禁止とは芝生えるわ

  6. 芝刈りとデビフラって明らかパワー高いのわからず実装してないよな…?まさか4000LP デッキ40だから大丈夫とでも?

タイトルとURLをコピーしました