【星鍵士リイヴ効果考察】シンクロイヴを使えば星遺物参照も余裕!これは悪用不可避の性能ですわ

公開日: : LVP3 , ,

『リンク・ヴレインズ・パック3』への収録が決定した《星鍵士リイヴ》の効果考察記事です。

墓地に「星遺物」カード無いとリンク召喚できない制約を持ったモンスターですが、そもそも「星遺物」カードが汎用性に満ちている上に、《星杯の神子イヴ》って悪い子がいるから制約になって無い説!…あると思います。

効果・イラスト・名前の全てが考察対象。実力もさることながら、カードとしての魅力にも満ち溢れた一枚です。これはトップレアの風格!シークレット欲しい…。

SPONSORED LINK

星鍵士リイヴ効果考察

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/サイバース族/攻2000
【リンクマーカー:左/左下】
モンスター×2体
このカードは自分の墓地に「星遺物」カードが存在する場合のみリンク召喚できる。このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。デッキから「星遺物」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。このターン、自分の墓地に「星遺物」モンスターが存在しない場合には、そのカードは発動できない。
②:リンク召喚したこのカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。フィールドのカード1枚を選んで持ち主のデッキに戻す。

収録:【リンク・ヴレインズ・パック3】

凄いポイント①:モンスター2体の緩々指定でアドバンテージを稼いでる。

凄いポイント②:リンク2で攻撃力2000は相当高い!

凄いポイント③:墓地に送られると対象をとならにデッキバウンス効果発動!

凄いポイント④:神子イヴからのルートが完成され過ぎている。

凄いポイント⑤:名前・効果・イラストで妄想が広がる。

関連記事:【星杯ストーリー考察・解説】仲間たちの形見と共に旅立つイヴ【星遺物を巡る戦いの歴史-番外編2-】

シンクロイヴを併用すれば星遺物参照は余裕!

《星杯の神子イヴ/Ib the World Chalice Justiciar》 
シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/水属性/魔法使い族/攻1800/守2100
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードをS召喚する場合、自分フィールドの「星杯」通常モンスター1体をチューナーとして扱う事ができる。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。
(2):S召喚したこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分のデッキ・墓地から「星杯の神子イヴ」以外の「星杯」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

《星杯の神子イヴ》を使用すれば、墓地に「星遺物」カードを送りこむこと自体はイージーです。

《星遺物を継ぐもの/World Legacy Succession》 
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをフィールドのリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

 

特に《星遺物を継ぐもの》との相性は抜群で、《星杯の神子イヴ》のシンクロに使用した素材を蘇生するだけで達成可能です。

勿論、《星遺物を継ぐもの》を発動する為にはリンクモンスターが必要となる訳で、《星杯の神子イヴ》からリンクモンスターにつなげるギミックが必要となります。

まぁ、色々と選択肢はありますが、1体でリンクを立てるなら《グラビティ・コントローラー》が手っ取り早くはあります。

《グラビティ・コントローラー》 
リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/サイキック族/攻1000
【リンクマーカー:左下】
リンクモンスター以外のEXモンスターゾーンのモンスター1体
このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
(1):EXモンスターゾーンのこのカードは、メインモンスターゾーンのモンスターとの戦闘では破壊されない。
(2):このカードがEXモンスターゾーンの相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターとこのカードを持ち主のデッキに戻す。

 

《星杯の神子イヴ》が墓地に落ちたらそっちの効果も誘発するので、《星遺物-「星杯」》辺りを引っ張ってくれば《リイヴ》の①効果墓地参照用「星遺物」モンスターも確保できると思います。

《グラビティ・コントローラー》をリンク素材に使えないことが不具合なら、他のルートを考えた方が良いです。何だかんだで1000を晒すのは怖い。

星遺物に寄せてみるのも良いぞ!《創星改帰》軸!

《星杯の神子イヴ》を使ったルートが手っ取り早くイージーなのは間違いないと思いますが、どうせならもっと「星遺物」に寄せてみるのも一つの手です。

…中でも管理人がオススメしたいのがコチラ!

《創星改帰/World Reassembly》 
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札・デッキから「星遺物」モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに破壊される。

 

《創星改帰》なら簡単にデッキから「星遺物」モンスターをリクルート出来て超便利!

「星遺物」に寄せた構築ならこのカードを軸に考えて見ても面白いと思います。…まぁ、罠だから遅いのは事実ですけどね。

星遺物に纏わるテーマはワンチャン!

  • 星杯
  • クローラー
  • ジャックナイツ
  • トロイメア
  • パラディオン
  • オルフェゴール
  • 守護竜

 

10期をまたにかけて展開してきたデッキだけあって、ザックリ見積もっても関連するテーマが7つもあります。

これら全てに恩恵があるとは言いませんが、影響を受けるテーマの方が多いのは事実ではないでしょうか?

「星杯」と「クローラー」とか分かりやすいですよね。とりあえずメインに「星遺物」モンスターが入りやすいデッキは狙い目です!

恐怖!I:Pマスカレーナとリイヴで相手ターンアストラム

《双穹の騎士アストラム/Mekk-Knight Crusadia Avramax》 
リンク・効果モンスター
リンク4/光属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:左/右/左下/右下】
EXデッキから特殊召喚されたモンスター2体以上
(1):リンク召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードは相手の効果の対象にならず、相手は他のモンスターを攻撃対象に選択できない。
(2):このカードが特殊召喚されたモンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、その相手モンスターの攻撃力分アップする。
(3):リンク召喚したこのカードが相手によって墓地へ送られた場合に発動できる。フィールドのカード1枚を選んで持ち主のデッキに戻す。

 

絶対にこれは使われるだろう…という悪さを一つご紹介。

《I:Pマスカレーナ》使って相手ターンに耐性持ちの《双穹の騎士アストラム》を出すのは有名ですが、そこに《星鍵士リイヴ》を混ぜてみました。

《I:Pマスカレーナ/I:P Masquerena》 
リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻 800
【リンクマーカー:左下/右下】
リンクモンスター以外のモンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手メインフェイズに発動できる。このカードを含む自分フィールドのモンスターをリンク素材としてリンク召喚する。
(2):このカードをリンク素材としたリンクモンスターは相手の効果では破壊されない。

 

相手ターンに耐性持ちの《双穹の騎士アストラム》が出るだけでも相当嫌なのに、その登場と共に対象をとらないデッキバウンス効果が襲い掛かって来るの嫌過ぎじゃね?

《双穹の騎士アストラム》分のバウンス効果も残ってるって事は、計2回の対象をとらないデッキバウンスを踏み越えないといけない訳です…(白目)。

《リイヴ》の②効果って明らかに《アストラム》の効果を意識したものですし、そういう意味でもちょっと良いですよね。

《星遺物-『星鍵』/World Legacy – “World Key”》 
効果モンスター
星1/闇属性/機械族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から「星遺物」カード1枚を捨てて発動できる。このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにアドバンス召喚できる。
(2):このカードが相手リンクモンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻す。

ちなみにこのバウンス効果は《星遺物-『星鍵』》由来の力だと思われます。「星鍵」の力をアストラムが増幅したって事なのかもしれませんね。

何故リイヴなのか?

「Re:イヴ」「リユニオン(再会)イヴ」とかを管理人はイメージしていたのですが、コメント欄で「リース」の「リ」じゃないよね?って言われてハッとしました(笑)。

可能性はゼロじゃないですけど、イヴが星鍵に宿っていたリースを受け入れたというポジティブな考え方もできるので、決して絶望じゃない。リースだって可哀想な存在だったッポイし、アウラムの意志を尊重するなら共生するのもまた一つの選択。

まぁでも、管理人的には「リユニオン(再会)イヴ」が綺麗で好きかな。

皆でワイワイ語ってます!良かったらどうぞ!
遊戯王の軌跡ディスコード⇒https://discord.gg/wveV7wv

LVP3収録テーマ(リンク)
LGD 捕食植物 エンディミオン 星遺物 ローズドラゴン
FGDのリメイク
破壊剣
遊戯王OCG デュエルモンスターズ LINK VRAINS PACK 3 BOX
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment) (2019-11-23)
売り上げランキング: 45
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    星杯だと手札2枚で、マスカレーナ+相互リイヴ神楽イヴ+残響と構えて、2妨害しつつ盤面も強固にできるので発売が楽しみです。

  2. 匿名 より:

    クローラーならデンドライトや醒存で墓地に星遺物が存在する状況を作りやすいのとデッキから傀儡セット出来るのがデカいので是非採用したい

  3. 匿名 より:

    デッキバウンスならカステルでええやん

  4. 匿名 より:

    イヴちゃんとは言えないなもう
    イヴさんやな

  5. 匿名 より:

    対象耐性の貫通が当たり前になってきてるよね

  6. 匿名 より:

    マスカレーナでアストラム出てきてもティアラミスでバウンスできるから大したことない(マドルチェ使い感)

  7. 匿名 より:

    特に理由の無い「選んで」多すぎる。地割れ見習ってほら

  8. 匿名 より:

    名前の由来はリーヴスラシルかと
    生き残りですし

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

【デコード・トーカー・ヒートソウル効果考察】特殊召喚して強いリンク3サイバース族モンスターは誰だ!?星痕の機界騎士が強い!

『レジェンダリーゴールドボックス』付属の「スペシャルパック」に

【シャドールストラク】《エルシャドール・ミドラーシュ》の絵違い収録で残す強化パックの未判明枠はJPP005の1枚!新規魔法or罠来るか?【強化パック名前変更の理由?】

『遊戯王OCG公式ツイッター』にて、12/7日発売「リバース・

【鋼鉄の魔導騎士-ギルティギア・フリード効果考察】HERO相手に超融合しよう(提案)!【エクストラ・ブースト&連撃を再現した効果です】

『プレミアムパック2020』に収録される《鋼鉄の魔導騎士-ギルティ

【@イグニスター】Ai-コンタクト、Ai-Qの効果について考える:パッと見強そうだけど本当に強いのか否か

2020年1月11日発売『エターニティ・コード』に収録される「Ai

【ジ・アライバル・サイバース@イグニスター効果考察】ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルードとどっちを優先すべき?

2020/1/11日発売『エターニティ・コード』に収録される新カー

【デュエルリンクス】未OCGカード「カイトロイド」実装:そのままの効果でキタ!

遊戯王デュエルリンクスで現在開催中の『ビンゴミッション』にて、

【LVP3】昨日公開された新規リンクモンスター効果まとめ・一口解説:未判明枠は残り1枚となりました!

ここ連日の情報解禁ラッシュはマジで加減知らずでしたね…(;^ω

【LVP3速報】「まやかし」リンク《零氷の魔妖-雪女》収録決定!

現在放送中の「発売直前!LVP3 ほぼほぼ公開 緊急生放送!」

→もっと見る

PAGE TOP ↑