【水晶ドクロ|効果考察】呪詛返しのヒトガタとコンボ!トライアングル-OのOCG化にも期待

今日の夜記事は、2022年6月11日発売『ANIMATION CHRONICLE|アニメーション クロニクル 2022』に収録される新カード《水晶ドクロ》の特集です。

遊戯王5D’sで矢薙が使用したカードですが、このカード色んな意味でニッチ過ぎて、忘れてしまっている人も多いのではないでしょうか?

将来的に《トライアングル-O》,《アショカ・ピラー》,《カブレラストーン》の3枚もOCG化されるんですかねぇ……(∩´∀`)∩タノシミデハアル

スポンサーリンク

《水晶ドクロ》効果考察

効果モンスター
星1/水属性/岩石族/攻 0/守 0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。
自分は1000ダメージを受ける。
その後、このカードは守備表示になる。
(2):自分が効果ダメージを受けていないターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから攻撃力0の岩石族モンスター1体を選び、手札に加えるか特殊召喚する。

収録:【アニメーションクロニクル2022】

水晶ドクロの注目ポイント
●手軽に自身への効果ダメージを発生させられるトリガー役
●呪詛返しのヒトガタとのコンボが綺麗
●維持できれば毎ターンアドを稼げる②効果(お膳立てが必要)
●使用するだけでかなりマニアックな雰囲気が漂う

呪詛返しのヒトガタとセットで使う事になりそう

速攻魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分にダメージを与えるモンスターの効果が発動した時に発動できる。その効果で発生する自分への効果ダメージは代わりに相手が受ける。
(2):このカードが墓地に存在し、自分が戦闘ダメージを受けた時に発動できる。このカードを自分フィールドにセットする。

《水晶ドクロ》で発生したダメージをトリガーとして《呪詛返しのヒトガタ》を発動!

相手に1000ダメージを与えながら《水晶ドクロ》の②効果に繋げる事が出来るので、この二枚は正にベストマッチな関係と言えそうです。ただ、自身がダメージを受けない為、守備表示にする追加処理も行われないので要注意!攻撃力0の《水晶ドクロ》は良い的になっちゃうでしょうからねw

でもまぁ、《水晶ドクロ》が殴られる事で《呪詛返しのヒトガタ》の②効果に繋がる……って考えれば、それはそれでありなのかもしれませんね。

能動的にダメージを受けるトリガーとしての見所

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1300/守1100
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、手札から「ヒロイック」カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「ヒロイック」モンスター1体を特殊召喚し、このカードを守備表示にする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「ヒロイック」モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードが墓地に存在し、戦闘・効果で自分がダメージを受けた時に発動できる。
このカードを攻撃表示で特殊召喚する。

効果モンスター
星4/水属性/鳥獣族/攻 0/守1200
カードの効果によって自分がダメージを受けた時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、
受けたダメージの数値分だけ自分のライフポイントを回復する。

召喚するだけで自分にダメージを与えられるって手軽さは一つの見所かも?

自動的に守備表示になってくれるから低い攻撃力を晒す心配もないですし、何かしらコンボの起点として採用するのはありかもしれませんね。

能動的なダメージを起点とするコンボとなると、《H・Cサウザンド・ブレード》,《ガード・ペンギン》とかかなぁ?

攻撃力0の岩石族。サーチ&リクルート先として相性の良いカードは?

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

「相性の良いカードは?」って見出しには書いていますが、正直微妙なラインです。書きながら「いったい、俺は何をオススメすれば良いんだぁ……」ってなってるので悪しからず。

なお、同名モンスターをサーチ・リクルートする事も出来る為、《水晶ドクロ》で《水晶ドクロ》をリクルートするなんてことも可能です。

迷宮壁-ラビリンス・ウォール-

通常モンスター
星5/地属性/岩石族/攻 0/守3000
フィールドに壁を出現させ、出口のない迷宮をつくる。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

守備力3000の壁がドドーンと登場。守備力3000の装甲は熱いが、効果による除去等への耐性は特にない。《迷宮変化》からの《ウォール・シャドウ》コンボを狙うにしてもかなり悠長ではある。

シェル・ナイト

効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻 0/守2000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。このカードを守備表示にし、相手に500ダメージを与える。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合、または戦闘で破壊された場合に発動できる。
デッキから岩石族・レベル8モンスター1体を手札に加える。自分の墓地に「化石融合-フォッシル・フュージョン」が存在する場合、手札に加えず特殊召喚する事もできる。このターン、自分はそのカード及びその同名カードの効果を発動できない。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

①効果を使いたい場合はサーチ、②効果を使いたいならリクルートで対応可能。今回のラインナップの中では一番それっぽい1枚。

守護神エクゾード

効果モンスター
星8/地属性/岩石族/攻 0/守4000
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に存在する「スフィンクス」と名のついたモンスター1体を
リリースした場合のみ特殊召喚する事ができる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
地属性モンスターが反転召喚に成功した時、
相手ライフに1000ポイントダメージを与える。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

ラインナップに名前があったので懐かしさからチョイス。リクルートはできないのでサーチ限定!

かなり尖った性能のモンスターだと思います

機能させるまでも難ありで、機能した後も難ありという二段構え!

ただ、維持できれば毎ターンサーチ・リクルートが可能になるカードなので、オンリーワンな性能である事は間違いありません。

ロングゲームを見据えつつ、デッキ単位で支えてやって初めて輝く1枚って感じですねぇ……。

+1

コメント

タイトルとURLをコピーしました