【ナイト・ドラゴリッチ】「シューティング・クェーサー・ドラゴン」も「ヴェルズ・オピオン」も一枚で対策できる《幻竜族》の強カード。

ナイト・ドラゴリッチ

DSCF0893
効果モンスター
星4/闇属性/幻竜族/攻1700/守 0
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 幻竜族以外のデッキ・エクストラデッキから 特殊召喚されている攻撃表示モンスターは守備表示になる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 幻竜族以外のデッキ・エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターの守備力は、 その元々の守備力分ダウンする。

 

《幻竜族》以外のデッキ・エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターを全て守備表示で固めてしまう上に、守備力低下のおまけ付き。
一枚で「シューティング・クェーサー・ドラゴン」を突破できる高性能モンスター。

 

限界突破

DSCF0894
永続魔法
(1):1ターンに1度、自分フィールドの ドラゴン族モンスター1体をリリースして発動できる。 リリースしたモンスターの元々のレベルと 同じレベルの幻竜族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターが 戦闘で破壊したモンスターは墓地へ送らず持ち主のデッキに戻る。

 

フィールドの《ドラゴン族》を《幻竜族》へと限界突破。
同レベルである必要はあるが属性縛りもないので扱いやすい、戦闘破壊したモンスターを墓地へ送らずデッキに戻す効果も強力である。
特に、「輝白龍 ワイバースター」・「暗黒龍 コラプサーペント」との相性は抜群で、強力な《幻竜族》をリクルートしつつ相方をサーチできる。

邪竜星-ガイザー

DSCF0896
シンクロ・効果モンスター
星7/闇属性/幻竜族/攻2600/守2100
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「邪竜星-ガイザー」の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは相手の効果の対象にならない。
(2):自分フィールドの「竜星」モンスター1体と 相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。
(3):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。 デッキから幻竜族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

 

素材に縛りがないので様々な『シンクロ』デッキで活躍できる。
単体で運用しても強力なのだが、墓地へ送られた時にデッキから「ナイト・ドラゴリッチ」などの《幻竜族》をリクルートできる効果も非常に強力。

 

《幻竜族》は新種族という事もあり、これから長いスパンで強化されていくでしょう。

『特殊召喚』を多用するのが当たり前の現環境でこのカードが弱い訳がないので3枚確保しておくべきカードだと思います。(ノーマルカードだしねぇ。)

「限界突破」を使用した《幻竜族》デッキは面白そうなので、少し考えてみます~。

 

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました