【深淵の青眼龍(ディープ・オブ・ブルーアイズ)効果考察】竜の霊廟1枚でカオスMAX成立するの良いっすね!

『レジェンダリーゴールドボックス』(SPパック)ライバル枠特集第4弾は、海馬操る「青眼」枠から《深淵の青眼龍(ディープ・オブ・ブルーアイズ)》をご紹介。

《ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン》の前身とも言えそうな神々しいビジュアルは勿論、《太古の白石》1枚から《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》を成立させる効果の強さに至るまで、深淵なるドラゴンの魅力をマルっとチェックです。

スポンサーリンク

深淵の青眼龍(ディープ・オブ・ブルーアイズ)

効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2500/守2500
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、自分フィールドまたは自分の墓地に「青眼の白龍」が存在する場合にしか発動できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから儀式魔法カードまたは「融合」1枚を手札に加える。
(2):自分エンドフェイズに発動できる。デッキからレベル8以上のドラゴン族モンスター1体を手札に加える。
(3):墓地のこのカードを除外して発動できる。自分フィールドの全てのレベル8以上のドラゴン族モンスターの攻撃力は1000アップする。

青眼の白龍参照にご用心!

青眼に始まり青眼に終わる…。

何はともあれ、フィールドまたは墓地に「青眼の白龍」が存在する事が必要不可欠です。

まぁ、「青眼」ならフィールド・墓地の「青眼の白龍」を参照する事は造作もないはずなので、これに関しては大した問題では無さそうですね。…気になるようなら《竜の霊廟》を厚めに採用しておきましょう!

儀式魔法または融合サーチ!何をサーチする?

儀式魔法カードまたは「融合」をサーチできるという夢の効果!

「融合」側は選択するも何もないので、今回は儀式魔法カードの方にフォーカスを当てていきます。とりあえずこの2枚が候補として有力ですかね?

《高等儀式術/Advanced Ritual Art》 
儀式魔法
儀式モンスターの降臨に必要。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターと同じになるように、デッキから通常モンスターを墓地へ送り、手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。

 

最有力候補な何といってもコチラ!

効果自体は強力ですが、通常モンスターの採用がネックになる《高等儀式術》も【青眼】なら問題なく投入できます。

相性が良いという以前に、《深淵の青眼龍(ディープ・オブ・ブルーアイズ)》自体が《高等儀式術》を強く意識した設計のカードだと思うんですが…。

このカードとの相性は霊廟カオスMAXの項目でより詳しく語るので、とりあえず次に行きましょう!

《カオス・フォーム/Chaos Form》 
儀式魔法
「カオス」儀式モンスターの降臨に必要。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターと同じになるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリース、またはリリースの代わりに自分の墓地から「青眼の白龍」または「ブラック・マジシャン」を除外し、手札から「カオス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。

 

第二候補はコチラの《カオス・フォーム》。

コチラの場合は墓地のカードを儀式リソースとして使える利点があります。《カオス・MAX》と1:1で採用しても手軽に運用できるのが利点ですかね?

個人的には《高等儀式術》推しですが、《カオス・フォーム》も全然悪くないと思います。

竜の霊廟1枚からカオスMAX成立!?

《竜の霊廟/Dragon Shrine》 
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る。この効果で墓地へ送られたモンスターがドラゴン族の通常モンスターだった場合、さらにデッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。

 

即効性には欠けますが、《竜の霊廟》1枚で《ブルーアイズ・カオスMAX・ドラゴン》が成立するのが《深淵の青眼龍(ディープ・オブ・ブルーアイズ)》最大の魅力ッ!

とりあえず《竜の霊廟》で《青眼の白龍》と《太古の白石》を墓地に落としていきましょう!

《太古の白石/ホワイト・オブ・エンシェント/The White Stone of Ancients》 
チューナー・効果モンスター
星1/光属性/ドラゴン族/攻 600/守 500
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「ブルーアイズ」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「ブルーアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

 

《太古の白石》の①効果でデッキから《深淵の青眼龍(ディープ・オブ・ブルーアイズ)》を特殊召喚!

《竜の霊廟》で《青眼の白龍》は事前に落とせているので、《深淵の青眼龍(ディープ・オブ・ブルーアイズ)》の効果も問題なく発動する事が出来ます。

《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン/Blue-Eyes Chaos MAX Dragon》 
儀式・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守 0
「カオス・フォーム」により降臨。
このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分の倍の数値だけ戦闘ダメージを与える。

 

①効果で《高等儀式術》、②効果で《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》をサーチするだけで返しターンのカオスMAXが成立するという訳ですね!

攻撃力1000アップの全体パンプは侮れない!


▲青眼だとランク8も割と立ちますからねぇ

レベル8以上のドラゴン族モンスターって基本的に攻撃力が高いですし、そこから更に1000上がるって普通に驚異的ですよね?

惜しむらくはエクシーズやリンク等のレベルを持たないモンスターが適用外な所ですが、まぁ元々レベル8って枠があるなら気にはならないかな?

青眼専用って感じの良カードだと思います

滅茶苦茶アドアドしい性能のカードですが、「青眼の白龍」を参照するという条件が絶妙なカードパワーに仕上げていますね。

枚数自体は少量で十分でしょうけど、「青眼」なら間違いなく便利な一枚だと思いますぞ!

Amazon:遊戯王OCG デュエルモンスターズ LEGENDARY GOLD BOX

遊戯王の軌跡ディスコード⇒https://discord.gg/wveV7wv

コメント

  1. ドラグーンにも名称参照の発動条件をつけても良かったと思う。

  2. 自己SSも無いし、どこかで通常モンスターになるわけではないから、意外と出しにくそう…
    ディープアイズをサーチできるのはファンデッキとしてはありがたい

  3. 2500/2500か、目覚めの旋律じゃ持ってこれない辺り考えてやがるな。うちはオッドアイズ銀河眼青眼だからピン差しかな。

  4. 酔狂が自分の取り巻き使ってコキ下ろしてたな

  5. 劇場版で海馬が使用した融合・儀式にアクセスできるのは良い効果。

  6. 《青眼の亜白龍》が場に出やすいので、霊廟使わなくても、問題なさそう。カオスMAXが入るなら、トレードインも使いやすいし、それから復活の福音も良い。ピンざしで充分ですが、融合と儀式を両方使えるメリットは大きいので、3枚集めておきたいカードですね。

  7. 青き眼の賢士で呼び出すにもありかな

  8. サーチという初動に欲しいカードだが初手に来ると事故という矛盾を抱えてるのが辛いところ
    融合、儀式サーチというよりはレベル8以上のドラゴンサーチに注目してファンデッキで活躍して欲しいカードって印象かなぁ

    今までサーチ手段のなかったモンタージュドラゴンとか
    あと手札誘発するレベル8以上のドラゴンがディープアイズ以外にもいればさらにおもしろそう

タイトルとURLをコピーしました