【極東秘泉郷(きょくとうひせんきょう)効果考察】デッキに入っているという事実が恐ろしい?

速さをかなぐり捨てて、効果に全振りした超尖ったフィールド魔法カード!

一度通らば、相手の妨害に対する強力なけん制となりますが、如何せん遅く、カバー範囲に穴もある絶妙な1枚。しかし、「俺は今から凄い事をやるぞ!」と暗に威嚇されているような気迫は確かに感じる……そんなおっかなびっくりなノーマルレアカード《極東秘泉郷》に注目です。

極東にある秘湯に、懐かしのOCGモンスター達が浸かっている姿が良いですね。《アクロバットモンキー》はどうして入ってしまったのか……(;^ω^)

スポンサーリンク

極東秘泉郷(きょくとうひせんきょう)効果考察

フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):お互いのプレイヤーは1ターンに1度、自分メインフェイズ2に発動できる。
自分は500LP回復し、このターン中、以下の効果を適用する。
●自分のモンスターの召喚・特殊召喚は無効化されない。
●モンスターを特殊召喚する効果を含む、
モンスターの効果・魔法・罠カードを自分が発動した場合、その発動は無効化されない。
●自分フィールドにセットされた魔法・罠カードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

収録:【ライトニング・オーバードライブ】

メインフェイズ2に発動!遅さがネック!?

メインフェイズ2にしか発動できない遅さがネックとなるカードですが、そもそもこのカードを使う時点で、速い遅いなんて些細な問題のデッキなのではないか?説……。

少なくとも、メインフェイズ1で展開してバトルフェイズでキルを狙うタイプのデッキにはまず入らないカードなので、選択している時点で特異なデッキである事は恐らく間違いないと思います。

※なお、モンスターがいなくてもバトルフェイズには入れるので、発動自体は容易なカードです。

一応、ゲイン目的でも使える

効果モンスター
星2/光属性/植物族/攻 100/守1900
(1):自分のLPが相手より多く、このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに「アロマージ-ジャスミン」以外の植物族モンスター1体を召喚できる。
(2):1ターンに1度、自分のLPが回復した場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

500ゲインを【アロマ】の回復要因として使う事も出来ますが、その場合、メインフェイズ2限定ののテキストが更に重くのしかかる事になるはずです。【アロマ】でメインフェイズ1を飛ばして2から展開ってのもイメージし辛いですし、そもそももっと良い回復要因はゴロゴロありますもんね。

しかし、何かとんでもない事をしようとしているのは事実

「見ててください。俺の、ソリティア!」

速さを捨てて効果に全振りしたようなテキストをしている為、ひとたび効果が通ってしまうと、”後は指を咥えて見守る事しかできないよ……”状態になる可能性は十分に考えられます。

まぁ、サーチやドロー、モンスターの除去に対する抑制こそありませんが、1枚の効果でこれだけの範囲をカバーできるのは中々に恐怖です。

●自分のモンスターの召喚・特殊召喚は無効化されない。

召喚・特殊召喚が無効化されないので強気でGOGO出来る。神宣、神警どんとこい!

●モンスターを特殊召喚する効果を含む、モンスターの効果・魔法・罠カードを自分が発動した場合、その発動は無効化されない。

発動が無効化されないだけなので効果は普通に無効になるので要注意。魔法・罠カードに関しては、カードの発動を伴うものだけに対応できる。

●自分フィールドにセットされた魔法・罠カードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

残したいカードをセットしてから動く「未界域」アクション等と相性が良い効果かも?
一応エンドサイク除けにもなってくれるテキストですが、《サイクロン》相当のカードが伏せられているのであれば、そもそも《極東秘泉郷》が除去られている可能性が高い。【ロック型のチェーンバーン】とかなら有効活用できるかも?
バトルフェイズが終わっている事を考えると、バーンや特殊勝利系のデッキで滅茶苦茶する為に使うのが現実的な所でしょうか?あとは、クェーサー×3みたいなデッキをぶん回すのにもアリかな?
特に《神の宣告》や《神の警告》に対するけん制力は絶大で、とりあえず《極東秘泉郷》がマストになりかねないのは面白いです。

拮抗勝負⇒極東秘泉郷って流れは何か面白い【キツイ】

通常罠
自分フィールドにカードが存在しない場合、
このカードの発動は手札からもできる。
(1):相手フィールドのカードの数が自分フィールドのカードより多い場合、
自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。
自分フィールドのカードの数と同じになるように、
相手は自身のフィールドのカードを選んで裏側表示で除外しなければならない。

メインフェイズ!⇒バトル入ります!⇒バトル終了時《拮抗勝負》!⇒メイン2《極東秘泉郷》!

完全に《拮抗勝負》が強いだけ……ってなりますが、ギリギリの勝負をした後に仲良く温泉入ってる図をイメージすると少し和みますね。

イラストに《紫炎の寄子》や《紫炎の足軽》が映っている所も含めて感慨深い。これには《東方の英雄》もニッコリですわ……。

強いかどうかは別として…

強いかどうかは別として、デュエル中に実際に使われたら結構身構えるカードだとは思います。

ドローやサーチに対する無効もけん制してくれるのであれば、メインフェイズ2から1キルを安定させるカードとして注目されていたかもしれませんね。

あと、こういうカードを上手く使えるとカッコイイってのはあるなぁ……。

コメント

  1. 東方の英雄が腕くんで見てるし、機械が水に弱いとか知らずに良かれと思って無理矢理入れられた説…

    • 顔真っ赤な上に体から湯気も出てる様に見えるし熱いのを我慢してるだけかも

  2. カラクリが安定して展開できるような気が
    自爆特攻防ぐ為にあえてメイン2から出すことあるので

  3. 欲を言えば
    モンスターを特殊召喚した時相手はカード効果を発動できないも欲しかったところ

  4. あれ!?これ全部適用できたの!?
    てっきり一つ選んで適用とばかり…
    もしキャノソルFWDループが生き残ってたら凄まじいパワカだったのかな…せっかくメイン2だから、バーンキルとかエグゾディアとかのバトル関係ないソリティアしたくなる。

  5. 《盆回し》で相手におくりつけておけば、相手ターンのメイン2まで相手はフィールド魔法を発動できないのでは。
    フィールド魔法を重視しているテーマが相手なら、使えるかも。

タイトルとURLをコピーしました