【ベイオネット・パニッシャー効果難易度チェック】参照難易度と強さのバランスを比較だ!

公開日: : 魔法カード

『リンク・ヴレインズ・デュエリストセット』に収録される《ベイオネット・パニッシャー》について。

参照する「ヴァレル」モンスターの種類によって効果が付加される面白いカードなのですが、コレって結構、種類によって参照難易度(し易い・し難い)がハッキリしていますよね?

スムーズにお目当てのモードを引き出せるかどうかは重要なポイントですし、今回は、参照難易度とモードの強さに注目してみました。

SPONSORED LINK

ベイオネット・パニッシャー

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のフィールド・墓地の「ヴァレル」モンスターの種類によって、以下の効果を適用する。自分フィールドに攻撃力3000以上のモンスターが存在する場合、このカードの発動に対して相手は効果を発動できない。
●融合:相手フィールドのモンスター1体を選んで除外する。
●S:相手のEXデッキから裏側表示のカードをランダムに3枚除外する。
●X:相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで除外する。
●リンク:相手の墓地からカードを3枚まで選んで除外する。

収録:【リンク・ヴレインズ・デュエリストセット】

このカードを使うに際し注目すべきポイントは3つ!

1つ目は速攻魔法である事、2つ目は参照する種類によってモードが付加される事、3つ目はボーナス効果(チェーン不可)が「ヴァレル」モンスター依存ではない事です。

3つのポイントについて
  1. 速攻魔法である事
    使い易いのは勿論ですが、伏せて相手ターンに使った際に《ヴァレット・トレーサー》で破壊できるというのも、「ヴァレット」視点では大きなポイントだと思います。
  2. 参照してモードが増える性質
    モードが増えて行くのは面白強いですが、効果内容が安定しない事には注意が必要です。モンスターを除去したいシーンで魔法・罠・EX・墓地とか除外してもしょうがないですからねぇ…。
  3. チェーン不可はヴァレルに依存していない
    「ヴァレル」モンスター以外でも攻撃力3000のモンスターが存在すればチェーン不可です。まぁでも、条件的に「ヴァレル」モンスターが大体フィールドにいるとは思います。

 

…これは、フルパワーモード(4種参照)で発動出来たらテンションおかしくなるだろうなぁ…(笑)。

効果の強さと参照難易度のバランスについて

それぞれ役割が大きく異なる為、どのモードが最強とは一概に言えませんが、まぁ大体こういう場合は盤面に干渉できる効果が優先されるもんだと思います。

そうなってくるとモンスター除去である”融合”の優先度が必然的に高くなるわけですが、参照難易度視点だと”融合”は結構難しい位置にある印象です。

《ラピッド・トリガー》モリモリの融合軸「ヴァレット」は例外ですが、まぁ大体こんな感じじゃないでしょうか?(融合軸の場合はエクシーズと位置が入れ替わる感じかな?)。

管理人が考える参照難易度
  • リンク(色々)
    純粋に種類が多く、条件的にも優しい。ヴァレソ・ヴァレロの二大巨頭が強すぎる。
  • シンクロ(Sドラゴン)
    レベル8汎用シンクロなので展開は容易。強力な制圧効果かつリンクとの相性がとても良い。動線的に使いやすい存在。
  • エクシーズ(Xドラゴン)
    ドラゴン族・闇属性・レベル4モンスター2体という素材指定。状況に左右されるカードなので雑に出すのは少し抵抗がある。
  • 融合(Fドラゴン)
    モンスターとEXだけで補完できない。融合カードが必要になる。

※:下に行く程難易度が高いです。

 

融合軸じゃないとモンスターに触れないってのは良調整な気がしますねぇ…。

まぁ、管理人は融合軸ヴァレットが大好きなので全然問題ありませんけどね(*’ω’*)

正規ルート以外を使うプラン

正規ルート以外で参照条件を満たす方法についても触れておくべきなので、追記してきます。

「守護竜」(アガーペイン)を使えば、参照難易度とか関係なく「Fドラゴン」(融合)も展開する事が出来ます。

…が、守護竜展開で出すなら「レモンアビス」が優先されそうではあります。

あとはEXから直接落とすプラン(ドグラ等)や、《デビルフランケン》なんかもコメント欄に案としていただきました。

出張させる事も一応可能ですが…

出張させる事も一応可能ですが、やっぱり「ヴァレット」デッキで使ってナンボって感じですね。

純構築でも沢山いれ過ぎると事故の元になるでしょうし…1,2枚が丁度良い塩梅かな?

遊戯王OCG デュエルモンスターズ LINK VRAINS DUELIST SET
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment) (2019-08-31)
売り上げランキング: 2
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    DDDでにたようなカードかあったような……

  2. 匿名 より:

    場合によっては思い切って轟雷帝やゲールドグラでエクストラから直接に送っちゃうって手も

  3. 匿名 より:

    融合の条件を満たしておきたいけれど、Fに墓地除外で発動できる効果があるのがネックですかね

  4. 匿名 より:

    いうて守護竜で全部なんとかなる

  5. 匿名 より:

    アガーペインがいるので今のところFもそれほど苦労せず出せますね
    ただアガぺはそのうち禁止になりそう…

  6. ここの より:

    デビル・フランケンという選択肢も

  7. 匿名 より:

    海外新規のmuddy muddragonが来日すればやりやすくなりますね

  8. cast より:

    正規ルート以外を使うって項目も用意した方が良さそうです
    ちょっと追記してきます

  9. 匿名 より:

    ヴァレットとレッドアイズの混合でディアブロシスでエキストラデッキ破壊が捗る捗る

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

《ルドラの魔導書》再録!再録です!魔法使い族デッキ汎用ドロー札【リンクヴレインズパック3】

11/23日発売『リンク・ヴレインズ・パック3』にて、「魔導書

【リンクヴレインズパック3新カード効果一口解説】ユニオン・キャリアーに大注目!ギャラクシーや破壊剣で使えるね!

2019年11月23日(土)発売『リンク・ヴレインズ・パック3

【シャドールストラク新情報】新カード《聖なる影ケイウス》《影霊の翼ウェンディ》《影光の聖選士》の効果が公開されました!

2019年12月7日(土)発売『ストラクチャーデッキ リバース・オ

【今一番再録してほしい汎用カードは何?】もう一度《無限泡影》を再録してくれないでしょうか?

定期的にやってくる願望垂れ流し記事! 今回は、「今、一番再録

【シャドールストラク収録カード新規・再録効果まとめ】闇属性以外のシャドールモンスターカモン!【リバース・オブ・シャドール】

本記事は、12月7日発売『ストラクチャーデッキ-リバース・オブ・シ

【E・HEROリキッドマン】と「D-HERO」は相性抜群!フュージョン・デステニーから入れば初動に使えます!

《E・HEROリキッドマン》の登場で手持ちの「D-HERO」を少し

【超魔導師-ブラック・マジシャンズのドロー効果処理について】「魂のしもべ」や「黒の魔導陣」でトップ操作してからドローできるよ!

《超魔導師-ブラック・マジシャンズ》の効果処理で押さえておいた

【デュエルリンクス】新パック「エアリアル・アサルト」注目カード:このBF強化はマジもんですわ

リンクス最新パック『エアリアル・アサルト』の注目カード記事です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑