「ヌメロン・ダイレクト」のここが凄い!ゼアル、メガトンゲイル出し放題!希望の記憶で4枚ドロー!

No.1~No.4を並べて倍、倍、倍、倍となっていき、最終的に「シニューシャ」を重ねてバーンの構えをするのが「ヌメロン・ダイレクト」の強みと面白さですが、相手のモンスターと戦闘をする必要がある以上、如何せん相手フィールド依存という印象は否めません。

《ヌメロン・ダイレクト》
通常魔法
①:自分のフィールドゾーンに「ヌメロン・ネットワーク」が存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。EXデッキから「ゲート・オブ・ヌメロン」Xモンスターを4体まで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は1回しかモンスターを召喚・特殊召喚できない。

 

しかし、1枚のカードの効果でXモンスターが最大4体並ぶ時点で、このカードがとんでもないものである事は紛れもない事実。

…という事で、《ヌメロン・ダイレクト》によって出来る事(ここが凄い!)的な事を考えてみたのでどうぞよろしくです。

スポンサーリンク

ヌメロン・ダイレクトの強み・見所・使い方

1枚から「ホープ・ゼアル」

《SNo.0 ホープ・ゼアル/Number S0: Utopic ZEXAL》 
エクシーズ・効果モンスター
ランク0/光属性/戦士族/攻 ?/守 ?
同じランクの「No.」Xモンスター×3
ルール上、このカードのランクは1として扱う。このカードは手札の「RUM」通常魔法カード1枚を捨て、自分フィールドの「希望皇ホープ」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードのX召喚は無効化されない。
(2):このカードのX召喚成功時には、相手は効果を発動できない。
(3):このカードの攻撃力・守備力はこのカードのX素材の数×1000アップする。
(4):相手ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。このターン相手は効果を発動できない。

 

既に各所で話題になっている1枚から《SNo.0 ホープ・ゼアル》。

到底正規召喚する事は無いであろう素材指定(同じランクの「No.」Xモンスター×3)を持つモンスターですが、それが1枚で揃ってしまうんだから仕方ない。

正規召喚した場合は、攻撃力2000状態でコチラの効果発動を封じてくるはずなので、制圧力としては程よいレベルでしょうか?

とりあえず《ダイナレスラー・パンクラトプス》をぶつければ殴り倒した上で相手ターンに1妨害構えられるのでオススメです(パンクラつえぇぇぇ)。

1枚から「メガトンゲイル」

《無限起動要塞メガトンゲイル/Infinitrack Fortress Megaclops》 
リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/機械族/攻4000
【リンクマーカー:右/左下/右下】
Xモンスター3体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、このカード及びXモンスター以外のモンスターの効果を受けず、Xモンスター以外のモンスターとの戦闘では破壊されない。
(2):自分の墓地のXモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。その墓地のXモンスターを特殊召喚し、その相手のカードを下に重ねてX素材とする。この効果の発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは半分になる。

 

エクシーズ世界のスーパーリンク兵器《無限起動要塞メガトンゲイル》も1枚で出すことができます。

《ホープ・ゼアル》と《メガトンゲイル》のどちらが上って話は不毛なので割けますが、この強力な2体を状況に応じて使い分けられるのが《ヌメロン・ダイレクト》最大の強みなんじゃないでしょうか?

さて、ここからはリンクモンスターがいくつか続きます。

1枚から4体素材「スカルデット」

《鎖龍蛇-スカルデット/Saryuja Skull Dread》 
リンク・効果モンスター
リンク4/地属性/ドラゴン族/攻2800
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
カード名が異なるモンスター2体以上
(1):このカードは、このカードのリンク素材としたモンスターの数によって以下の効果を得る。
●2体以上:このカードのリンク先にモンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動する。そのモンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
●3体以上:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。手札からモンスター1体を特殊召喚する。
●4体:このカードがリンク召喚に成功した時に発動できる。自分はデッキから4枚ドローし、その後手札を3枚選んで好きな順番でデッキの下に戻す。

 

カード名が異なるモンスター4体でリンク召喚できるので、1枚から4体素材使用《鎖龍蛇-スカルデット》をリンク召喚する事ができます。

戦線維持能力が高いモンスターとはお世辞にも言えないので、ドロー効果をどうしても使いたいシーンで使うって形になりそうです。

1枚から4体素材「アポロウーサ」

《召命の神弓-アポロウーサ/Apollousa, Bow of the Goddess》 
リンク・効果モンスター
リンク4/風属性/天使族/攻 ?
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
トークン以外のカード名が異なるモンスター2体以上
(1):「召命の神弓-アポロウーサ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードの元々の攻撃力は、このカードのリンク素材としたモンスターの数×800になる。
(3):相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。このカードの攻撃力を800ダウンし、その発動を無効にする。

 

1枚から4体素材アポロウーサを展開可能!

モンスター効果を4回止めたら勝てるデッキ相手の蓋としては最強かも?

このカードの強さもデッキや状況を選ぶので要選択。

1枚から「リンクメイル・デーモン」

《リンクメイル・デーモン/Linkmail Archfiend》 
リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/サイバース族/攻2800
【リンクマーカー:左上/左/左下/右下】
儀式・融合・S・Xモンスターのいずれかを含むモンスター2体以上
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、自分のフィールド・墓地の儀式・融合・S・Xモンスター1体を対象として発動できる。 相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力はターン終了時まで対象のモンスターの攻撃力分ダウンする。
(2):EXデッキから特殊召喚された自分フィールドのモンスターは相手モンスターの効果の対象にならない。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地の儀式・融合・S・Xモンスター1体を除外できる。

 

「メガトンゲイルでOK!」って言われそうですが、コチラはコチラで簡単に出るなら結構強そう?

希望の記憶で4枚ドロー

《希望の記憶/Memories of Hope》 
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「No.」Xモンスターの種類の数だけ、自分はデッキからドローする。

 

お手軽4枚ドローとか半端ねぇ!

説明不要のナチュラルパワーカードの誕生です。

リリース要員としても優秀!

1枚でリリース素材を4体分も用意できる!

これなら3体リリースを要求される神の召喚も余裕ですわ…(*´ω`*)

召喚権が浮きやすい構造なので、アドバンス召喚で差をつけるのも面白いと思いますね~

1枚でゼアルとか凄いですねぇ

RUMが噛み合えば意外とアッサリ展開できるモンスターではありますが、流石にフィールド魔法1枚から展開できるようになるとは思ってもみませんでした。

「ホープデッキ」や「RRデッキ」で出して驚かせる(困らせる)のが結構好きだったので、いろんなところで見かけるようになると思うと悲しいやら嬉しいやら…複雑な心境ですね(笑)。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

 

コメント

  1. エルドリッチに入れようと思ったけどなんか邪魔になりそう

  2. 1枚じゃないけどキメラテック・オーバー・ドラゴン出してお手軽グォレンダァ!もできますね
    通常融合の場合素材は墓地に落ちてるためオバロからの2体目で再利用、ついでにシニューシャの火力増強にもつながり無駄がない

  3. 可能性の塊だなあ…つかこいつら機械なの初めて知った
    これでヌメヌメとリライティング来たらかなり楽しめそう

  4. 機械ってことはメガトンゲイル出してからアイアンドローもできるのか

  5. 「闇を以て光に鉄槌を」下したかったラスボスのカードが何より光(主人公)の下敷きに適しているとはなんとも皮肉な…
    いや、じつはゼアルが闇落ちしてたって言う隠喩とも…

  6. あー
    良く行く店舗で希望の記憶買取始まったのこれの影響か
    成る程ねぇ

タイトルとURLをコピーしました