【教導|ドラグマストーリー考察③|スプリガンズ登場】大砂海ゴールド・ゴルゴンダに眠る宝の正体とは!?

「教導(ドラグマ)」(OCGオリジナル)ストーリー考察第3弾!

第3の勢力「スプリガンズ」の登場で更に盛り上がる「教導(ドラグマ)」ストーリー!

大砂海ゴールド・ゴルゴンダに空いた謎の大穴と、そこでドンパチしまくるご機嫌な機械生命体「スプリガンズ」との出会い。

エクレシアとアルバスの落胤をとりまく環境も徐々に複雑になってきています。

【教導(ドラグマ)ストーリー考察②】「鉄獣戦線(トライブリゲード)」との抗争!手をとり合った日
「教導(ドラグマ)」ストーリー考察第二弾!敵対勢力「鉄獣戦線(トライブリゲード)」の登場で、更に深まる物語。《ハッシャーシーン》とかいう超胡散臭い奴も出てきて、益々「教導(ドラグマ)」って団体が怪しく見えてきました(笑)...

前回の流れを把握したい場合は上記記事からどうぞ。

『ライズ・オブ・ザ・デュエリスト』で登場した新テーマ「教導(ドラグマ)」とそれに関わるテーマの背景ストーリーについて考察する記事です。本記事は、Vジャンプ等に掲載された情報を一部参考にして作成していますが、ストーリーの流れについては管理人の妄想・考察が主になっています。あくまで妄想である事を理解してお楽しみいただけると幸いです。

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

スポンサーリンク

新勢力「スプリガンズ」

大砂海ゴールド・ゴルゴンダで暴れまくる小さな機械生命体達。機械族ではあるが、その実態はスス。イングランド地方に伝わる妖精”スプリガン”が元ネタである事を考えれば、ススの妖精が機械の装甲を纏っていると考えるのが自然かも?「スプリガン」は財宝の守護者であると言われているので、大砂海のお宝にまつわる存在であるのも合点が行く話です。

スプリガンズ・ロッキー

効果モンスター
星4/炎属性/機械族/攻1800/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、「スプリガンズ・ロッキー」以外の自分の墓地の、「スプリガンズ」モンスター1体または「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
(2):このカードが手札・フィールド・墓地に存在する場合、自分フィールドの「スプリガンズ」Xモンスター1体を対象として発動できる。このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。

設定画には”いろんなペイントでおしゃれしている。みんなちがう”とありますが、一応陣営ごとにベースとなるカラーは守っているようです。あと、意外と小さいメカなのが可愛いですねw

スプリガンズ・ピード

効果モンスター
星4/炎属性/機械族/攻 0/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをリリースし、「スプリガンズ・ピード」以外の自分の墓地の「スプリガンズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):このカードが手札・フィールド・墓地に存在する場合、
自分フィールドの「スプリガンズ」Xモンスター1体を対象として発動できる。
このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。

青陣営のピード。《鉄獣の邂逅》のイラストには青以外のピードも確認できる。

スプリガンズ・バンガー

効果モンスター
星8/炎属性/機械族/攻 500/守2500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・フィールド・墓地に存在する場合、
自分フィールドの「スプリガンズ」Xモンスター1体を対象として発動できる。
このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。
(2):自分の墓地から「スプリガンズ・バンガー」以外の「スプリガンズ」モンスター1体とこのカードを除外して発動できる。
デッキから「スプリガンズ」カード1枚を手札に加える。

分かりにくいけどカラーリング的に緑陣営のバンカーと思われる。

スプリガンズ・キャプテン サルガス

効果モンスター
星8/炎属性/機械族/攻1500/守2800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・フィールド・墓地に存在する場合、自分フィールドの「スプリガンズ」Xモンスター1体を対象として発動できる。このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。
(2):相手ターンに、自分フィールドのX素材を1つ取り除き、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
(3):このカードを素材として持っている「スプリガンズ」Xモンスターは以下の効果を得る。
●このカードの攻撃力は500アップする。

「スプリガンズ」の中でも一番立ち位置が分からないキャラ。どの陣営のキャプテンなのか?もしかしたらキャプテンの子分同士が手柄の為に争ってるとかなのかも?

スプリガンズ・シップ エクスブロウラー

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/炎属性/機械族/攻1600/守2500
レベル8モンスター×2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手のモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる。このカードのX素材を任意の数だけ取り除き、その数だけ、指定したゾーン及びその前・後・隣のゾーン(モンスターゾーン・魔法&罠ゾーン)に存在するカードの中から、相手のカードを選んで破壊する。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。このカードをエンドフェイズまで除外する。

良ーく見るとエクスブロウラーにも目玉がついているんですねぇ~
しゃべる戦艦とかロマンあり過ぎてヤバいですなぁ~

アルバスの落胤の新形態:鉄駆竜スプリンド

融合・効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻2500/守2000
「アルバスの落胤」+このターンに特殊召喚された効果モンスター
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドのこのカードの位置を、
他の自分のメインモンスターゾーンへ移動する。
その後、移動したこのカードと同じ縦列の他の表側表示のカードを全て破壊できる。
(2):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「スプリガンズ」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を選び、手札に加えるか特殊召喚する。

乗っただけ融合だけど、こういう小型船好きとしては堪らないビジュアルしてます。脱出に使った乗り物ですし、スプリガンズの母船から拝借したのかもしれませんね!

鉄獣戦線(トライブリゲード)の勢力

鉄獣戦線 キット

効果モンスター
星2/炎属性/獣族/攻 700/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地から獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。
除外した数と同じ数のリンクマーカーを持つ獣族・獣戦士族・鳥獣族リンクモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。
このターン、自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「鉄獣戦線 キット」以外の「トライブリゲード」カード1枚を墓地へ送る。

フェリジットの妹&メカニックであるキットちゃん。ゴルゴンダの出土品を目当てに単独行動しているっぽい?今回はキットの登場で逃げ出せたので、滅茶苦茶助かったっぽいですね!

ドラグマストーリー考察:スプリガンズとの出会い

《鉄獣の血盟》からの続き

「鉄獣戦線(トライブリゲード)」と血盟を結んだエクレシアとアルバスの落胤の二人でしたが、舞台は一路”大砂海ゴールド・ゴルゴンダ”へと移ります。

広大な砂漠で日々行われる荒くれ者どもの祭り(複数の陣営に分かれた縄張り争い)に巻き込まれたエクレシア達。大砂海に眠るお宝と謎の正体とはいったい何なのでしょうか?

ep10.スプリガンズ・ウォッチ

大砂海へとやって来た二人を監視する鋭き眼光。右下の表示から察するに、観測しているのは《スプリガンズ・ロッキー》と考えるのが自然でしょうね。

シュライグからもらい受けたモズだけは緑の識別反応が出ていることからして、「スプリガンズ」と「鉄獣戦線(トライブリゲード)」は友好的な関係にあると考えるのが自然でしょうか?

とりあえず、元「ドラグマ」であるエクレシアと身元不明の落胤くんは敵とみなされたようですね……(笑)。

ep11.鉄獣の邂逅

あっという間につかまってしまったエクレシアと落胤くん。

イレギュラーの発生で争いは一時中断、この正体不明の二人の処遇をどうするかを両陣営交えた会合で決めようとしていた最中、キットがシュライグのモズから全てを察したって感じでしょうか?

「血盟」の証として渡されたモズですし、これは相当大きな意味を持っているんでしょうねぇ…。

エクレシアの「だから敵じゃないって言ってるでしょー」って声が聞こえてきそうな一コマです。

ep12.スプリガンズ・コール!

「スプリガンズ」達の口論がヒートアップする最中、《鉄獣戦線キット》の手引きによって逃がされるエクレシア御一行。「スプリガンズ」達は赤と青の陣営に分かれてお宝を取り合っているらしく、トムとジェリー的な「仲良く喧嘩しな!」状況になっているッポイですね。

捕虜を簡単に取り逃してしまううっかりさんな所がビジュアルの雰囲気にマッチしていてとても良いです。あと、ピードはどのカットでも抑え気味なので、元来良い子っぽい気がします(主観)。

「二人とも今の内だよ!」ってキットの声が聞こえてきそうな素敵なイラストです。

ep13.スプリガンズ・ブラスト!

「逃げたぞ!撃てー!!!!!!」って感じで撃たれてるシーン(笑)。

ミサイルの色が複数ある事から察するに、全陣営から狙われて感じですねぇ……w

エクレシア達も砂海の大穴を目指しているっぽいので、「抜け駆けしたぞ!」って感じで反射で爆撃しちゃったのかも?まぁ、モズがあるからって信頼が勝ち取れるわけではないですからねぇ…。

この勢いのまま大穴に突入ってマジでアニメのワンシーンみたいですねぇ~

追伸.砂海の大穴の形って完全にドラグマの聖痕と一緒ですよね。この穴の先に何があるんだろう?

外伝.ドラグマ・ジェネシス

一方その頃「ドラグマ」陣営では…

エクレシアが抜けた穴を新たな聖女を立てて穴埋めしようとしていますね。聖痕失った事で利用価値がなくなったとかでしょうか?

前回喰われたと思われていたハッシャーシーンの隊長さんもちゃんと整列してますねw

大砂海に空いた大穴の正体は!?

次は大穴の先が物語の舞台になるはず!

まだ見ぬ地底!その先に待つ者や宝の正体!ドラグマストーリーはまだまだ終わりませんぞ!

【教導(ドラグマ)ストーリー考察①】深淵に存在する大国「教導国家ドラグマ」に迫る影!少年を射ち落とした日
隔絶されし地”深淵”に存在する「教導国家ドラグマ」。この地は、突如現れる異空間ホールからもたらされる「脅威」に常にさらされていた。人智を超えし力に対抗すべく結成された、神の力を授けられた”聖痕”を持つ者達(教導軍)は...
【教導(ドラグマ)ストーリー考察②】「鉄獣戦線(トライブリゲード)」との抗争!手をとり合った日
「教導(ドラグマ)」ストーリー考察第二弾!敵対勢力「鉄獣戦線(トライブリゲード)」の登場で、更に深まる物語。《ハッシャーシーン》とかいう超胡散臭い奴も出てきて、益々「教導(ドラグマ)」って団体が怪しく見えてきました(笑)...
軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

コメント

  1. 砂漠で地底だと次は爬虫類とか昆虫テーマかな?

  2. 『エクレシアの「だから敵じゃないって言ってるでしょー」って声が聞こえてきそう』

    私はてっきり「お腹すいたぁ~(´;ω;`)」かと(笑)
    ご飯はいっぱい食べるタイプに引きずられてるなぁw

  3. エイジャの赤石 とか 地底人とか サブテラーとか ないですかねぇ

  4. スプリガンズシップエクスブロウラーのダイグレン感好きですw
    効果も亜空間を移動できるダイグレンっぽいですしw

  5. ブラスト!のイラスト見るとスプリンドの列破壊効果って実はスプリンド自身の効果ではなく、スプリンド目掛けてミサイル(ロッキー)乱射してくるエクスブロウラーの流れ弾なんじゃないかと言う疑惑が湧いてきます。

  6. 今更だけど、スプリガンズは揃いも揃ってバスタードとブリガンドの素材には出来ないのね。
    融合出来ずに破壊されて捕まったのかな?

    • あっキャプテンは素材になるな

  7. エルドリッチとかも絡んできたらハムナプトラ感も出て面白そうなんやがなぁ〜

  8. こっからストーリーが繋がっていくのだと思うのですが、結局アルバスってのは、誰で、なんなんだろうなってのがやっぱり謎だよなぁ
    多分「落胤」がいるっていうことは、正妻(正室)に生ませた「嫡男」(後継者)もいるんじゃないかなぁと思うんですが、やっぱりそこら辺が一番気になりますね

    • ドラグマのイラストストーリーはローマ帝国とキリスト教の歴史が元ネタになっている可能性が高いです。

      例えばエクレシアのイラストはジャンヌ・ダルク、フルルドリスはパニッシュメントで聖マルタを意識した構図になっていたり。

      その上でローマが利用したキリスト教において存在してはいけない人物、それこそがアルバスの落胤の正体だと思われます。

      まとめると、アルバスこそがドラグマの開祖であり、この世界におけるキリスト。その子供と思われるアルバスの落胤はキリストの存在してはいけない子供なのでは無いでしょうか

タイトルとURLをコピーしました