「融合複製|フュージョン・デュプリケーション」と相性良さげな魔法カード8選

今日の夜記事は、2023年1月14日発売『CYBERSTORM ACCESS|サイバーストーム・アクセス』に収録される新カード《融合複製|フュージョン・デュプリケーション》の特集です。

コピーするカード次第で動きや働きが大きく変わるカードなので、個人的に相性良さげ(面白そう)だな~って思ったカードを全部で8つピックアップしてみました。

コピーする事で通常魔法を実質フリチェ化できるって考えると、もうそれだけで面白いですよね。

スポンサーリンク

「融合複製|フュージョン・デュプリケーション」と相性良さげな魔法カード8選

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分または相手の墓地の、「融合」通常・速攻魔法カードまたは
「フュージョン」通常・速攻魔法カード1枚を対象として発動できる。
その魔法カードを除外し、その魔法カードの発動時の効果を適用する。

融合

通常魔法
(1):自分の手札・フィールドから、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
《融合》の効果をフリチェで使えるだけで面白い。※ガーキマは魔法カードの効果で融合召喚する必要がありました(訂正)

融合派兵

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):EXデッキの融合モンスター1体を相手に見せ、
そのモンスターにカード名が記されている
融合素材モンスター1体を手札・デッキから特殊召喚する。
このカードを発動するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
新手の相手ターンアルバスシュート装置。《赫の聖女カルテシア》等、シュート先次第で色々できて面白い。
融合モンスター縛りのテキストには要注意!
効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、
このカードを含む融合素材モンスターを自分・相手フィールドから墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果で融合召喚する場合、このカード以外の自分フィールドのモンスターを融合素材にできない。
チューナー・効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1500/守1500
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のフィールドまたは墓地に「アルバスの落胤」が存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):お互いのメインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドから、レベル8以上の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(3):このターンに融合モンスターが自分の墓地へ送られている場合、エンドフェイズに発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

影依融合(シャドール・フュージョン)

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドから、
「シャドール」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
EXデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在する場合、
自分のデッキのモンスターも融合素材とする事ができる。
夢の相手ターンシャドール・フュージョン!
相手の展開を見ながら発動できる為、デッキ融合の条件を満たし易いのがGOOD!
除外してしまうので墓地回収構造とは相性が悪い。

簡易融合(インスタント・フュージョン)

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):1000LPを払って発動できる。
レベル5以下の融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。
《ミレニアム・アイズ・サクリファイス》を展開して1妨害としたり、《エルシャドール・ミドラーシュ》を展開して展開抑制したりできる。お手軽で強い!
《簡易融合》自体が制限カードなのでサーチ等しない限りは安定感が低そう。
融合・効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0
「サクリファイス」+効果モンスター
(1):1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、
相手のフィールド・墓地の効果モンスター1体を対象として発動できる。
その相手の効果モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力・守備力は、このカードの効果で装備したモンスターのそれぞれの数値分アップする。
(3):このカードの効果で装備したモンスターと元々のカード名が同じモンスターは攻撃できず、その効果は無効化される。
融合・効果モンスター
星5/闇属性/魔法使い族/攻2200/守 800
「シャドール」モンスター+闇属性モンスター
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
(1):フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
その間はお互いに1ターンに1度しかモンスターを特殊召喚できない。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

真紅眼融合(レッドアイズ・フュージョン)

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、
自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・特殊召喚できない。
(1):自分の手札・デッキ・フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、「レッドアイズ」モンスターを融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターのカード名は「真紅眼の黒竜」として扱う。
召喚・特殊召喚に対する大きな縛りを持つカードなので、あまり展開しない相手ターンに効果を使うのはアリ。何を出すかは要検討。
相手ターン展開向きの融合体がやや不足している印象。

フュージョン・デステニー

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・デッキから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、「D-HERO」モンスターを融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに破壊される。このカードの発動後、ターン終了時まで自分は闇属性の「HERO」モンスターしか特殊召喚できない。
夢の相手ターン《フュージョン・デステニー》!
展開候補としては《D-HEROデストロイフェニックスガイ》or《D-HEROドミネイトガイ》の2体がオススメ!
闇属性「HERO」モンスター縛りは高架化に含まれるので要注意!
融合・効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻2500/守2100
レベル6以上の「HERO」モンスター+「D-HERO」モンスター
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスターの攻撃力は、
自分の墓地の「HERO」カードの数×200ダウンする。
(2):自分・相手ターンに発動できる。
自分フィールドのカード1枚とフィールドのカード1枚を選んで破壊する。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
次のターンのスタンバイフェイズに、自分の墓地から「D-HERO」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
融合・効果モンスター
星10/闇属性/戦士族/攻2900/守2600
「D-HERO」モンスター×3
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分または相手のデッキの上からカードを5枚確認し、好きな順番でデッキの上に戻す。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(3):融合召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、
自分の墓地のレベル9以下の「D-HERO」モンスター3体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを特殊召喚する。

ネオス・フュージョン

通常魔法
(1):自分の手札・デッキ・フィールドから、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
「E・HERO ネオス」を含むモンスター2体のみを素材とする
その融合モンスター1体を召喚条件を無視してEXデッキから特殊召喚する。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。
(2):「E・HERO ネオス」を融合素材とする自分フィールドの融合モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
または自身の効果でEXデッキに戻る場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。
夢の相手ターン《ネオス・フュージョン》!
最近、《アームドネオス》っていう相手ターンに特殊召喚して強い融合モンスターも増えたので、これはかなりの追い風。自分ターンに《ネオス・フュージョン》、相手ターンに《融合複製|フュージョン・デュプリケーション》を発動するだけでデッキになりそう!
《融合複製》で対象にとった魔法カードは除外されてしまう為、②効果との相性は×
融合・効果モンスター
星10/風属性/戦士族/攻3500/守3000
「E・HERO ネオス」+「アームド・ドラゴン」モンスター
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分の墓地のドラゴン族モンスター1体を選び、
そのレベル以下のレベルを持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
(2):このカードが戦闘でモンスターを破壊した時に発動できる。
このカードは以下の効果を得る。
●お互いのメインフェイズに、このカードをリリースして発動できる。
EXデッキから「E・HERO」融合モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

超融合

速攻魔法
このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
自分・相手フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
コストを踏み倒しながら《超融合》の効果のみを得られる。使い心地自体はセットしておいた《超融合》を発動する事と大差ないと思うので、そりゃもう当然強い。問題を挙げるとすれば、自分・相手の墓地に《超融合》が落ちているというシチュエーションの頻度。
「このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。」の部分は、効果外テキストなのでコピーできないので要注意。

本当に面白いカードですわ……

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

強そうなのから面白そうなのまで色々と紹介しましたが、個人的にはやっぱり《ネオス・フュージョン》からの《アームド・ネオス》を推したいですね。往復で《ネオス・フュージョン》するだけで面白そうだもんなぁ( `ー´)ノ

コメント

  1. 匿名 より:

    ガーキマって魔法で融合しないと効果使えないから罠コピーだと多分できない?

  2. 匿名 より:

    「このカードの発動後」系の縛りって適用されるのでしょうか?複製は効果をコピーして適用してるから、効果の発動であって「このカードの発動」は無視できたりしないのでしょうか?教えてデュエリスト。

    • 匿名 より:

      真紅眼融合とフュージョン・デステニーのテキスト見比べれば分かるけど、効果外テキスト(番号も●印もついてない文章)の制約はコピーされなくて、効果に含まれる場合(番号や●印がついてる文章)の制約はコピーされる。
      真紅眼融合は効果外テキストだから制約はかからない、フュージョン・デステニーは(1)の効果の中に制約があるから特殊召喚に制限がかかる。
      話は逸れるけど、RUM-七皇の剣は「このカード名の効果はデュエル中に1度しか“適用”できない。」ってテキストになってて、これは「効果のコピー含めてデュエル中1回しか使えない」って裁定が下されてる。

  3. 匿名 より:

    高架化って何かと思ったら効果か。
    制約もコピーに含まれるってことですね
    フュージョン・ミュートリアスも相手がカードの効果を発動したという条件を満たした状態でコピーしやすい上に融合先も妨害効果持ち、除外もプラスに働くので相性は良さそう
    ただ相手ターン融合という点ではミュートリアスの産声と競合するかな

タイトルとURLをコピーしました