【同契魔術(サイマル・デーモンズ)効果考察】サーチもできる次元障壁亜種?

今日の昼記事は、2022年7月16日発売『DARKWING BLAST|ダークウィング・ブラスト』にノーマルで収録された新カード《同契魔術|サイマル・デーモンズ》の特集です。

リンクにも対応した《次元障壁》のようなメタ効果に加え、「デーモン」カードであることを強みとしたサーチムーブまで、これは新時代の《次元障壁》と言っても過言ではないかも……!?

今日は、そんな期待と可能性に満ちた1枚である《同契魔術》に注目していきます。

スポンサーリンク

同契魔術(サイマル・デーモンズ)効果考察

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このターン、お互いに自身のフィールドのモンスターと同じ種類(儀式・融合・S・X・リンク)のモンスターを特殊召喚できない。自分フィールドに儀式・融合・S・X・リンクモンスターのいずれも2体以上存在しない場合、自分フィールドの全ての儀式・融合・S・X・リンクモンスターの攻撃力は500アップする。

収録:【ダークウィング・ブラスト】

注目ポイント
●フィールドによってメタれる範囲が変化する
●次元障壁と違って1体目を防げない
●次元障壁と違って効果を無効にしない
●それぞれ自分のフィールドのモンスターを参照する
●いきなり大型が出てくる可能性がある召喚方法に対する刺さりは薄い

次元障壁に似た効果を持つ強力な罠カード

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):モンスターの種類(儀式・融合・S・X・P)を1つ宣言して発動できる。
このターン中、以下の効果を適用する。
●お互いに宣言した種類のモンスターを特殊召喚できず、
フィールドの宣言した種類のモンスターの効果は無効化される。

ざっくり言うとリンク召喚にも対応できるようになった《次元障壁》といった所ですが、Pが管轄外になっていたり、効果を無効にしなかったり等、単純比較はしにくい関係のカードになっています。

まぁ《同契魔術|サイマル・デーモンズ》自体、対リンク召喚やサーチ可能であることを強みとして運用するカードになると思うので、そこはきっちり使い分ける必要がありそうですね。

《同契魔術》の見所は、何といってもリンクデッキへの刺さり具合!

特にリンク特化のデッキ相手には効果抜群で、相手がリンク1や2を展開した際に撃ち込んでやれば、その後の展開を大幅に阻害することができるはずです。ただ、様々な召喚方法を巧みに幅広く使うデッキには効果が薄くなりがちなので、発動するタイミングなどは見極めたい所ですね。

あと、《次元障壁》みたいに後撃ち(盤面を作られた後)による効果無効狙い運用みたいなことはできないので、後引きや後攻からの強さは《次元障壁》とは比較にならないほど弱いです。

デーモンカードなので《トリック・デーモン》でサーチすることもできる

効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが効果で墓地へ送られた場合、
または戦闘で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「トリック・デーモン」以外の「デーモン」カード1枚を手札に加える。

ちなみに、《同契魔術|サイマル・デーモンズ》は「デーモン」カードに該当する為、《トリック・デーモン》の効果でサーチすることができます。《トリック・デーモン》の効果自体は、《おろかな埋葬》,《終末の騎士》,《魔サイの戦士》等で気軽に狙うことができるので、狙えるデッキなら積極的に狙いに行っても良さそうです。


▲同時収録されたデスキャスターとも併用できそう

《魔界発現世行きデスガイド》からの動きで《魔サイの戦士》の効果を狙うのであれば、その展開過程で色々遊べるはずなので、これはかなり面白そうです。

【展開一例】デスガイド⇒クリッター⇒ケルビーニ展開
●クリッターで《灰流うらら》をサーチ
●ケルビーニで《魔サイの戦士》をコストで墓地に送って、《魔サイの戦士》の効果で《トリック・デーモン》を墓地に送って《同契魔術》をサーチ

先攻で色んな種類のモンスターを横に並べるデッキと相性が良いか?

打点UP効果のテキストも含めるなら、先攻で色んな種類のモンスターを1種類ずつ展開するデッキと相性が良さそうではあります。それこそ、イラストに描かれている【魔鍵】とは相性が良いと思うので、【魔鍵】デッキの先攻制圧の1つとして採用してみるのはアリだと思います。

あとは、《トリック・デーモン》によるサーチを見越して【ラビュリンス】等の悪魔族デッキに採用したり、リンク特化デッキメタとしてサイドから採用したり等、今後お世話になるシーンは必ずやってくると思っているので、安い内に3枚集めておくことをオススメします(*^^)v

+1

コメント

タイトルとURLをコピーしました