【エターナル・ボンド|効果考察】任意の数だけフォトンを蘇生!クセしかないコントロール奪取効果もついてます

超ピンポイントメタ効果を内蔵した《エターナル・ボンド》の特集記事です。

①効果だけで充分な出力が出ているので別に良いと言えば良いのですが、テキストに書かれているとやっぱり気になっちゃうのが決闘者のサガ。

とりあえず②効果について考えてはみますが、あまり期待はしないでください(予防線)。

スポンサーリンク

エターナル・ボンドの使い方を考える

通常罠
このカード名の①②効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の「フォトン」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、相手フィールドの「フォトン」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのコントロールを得る。このターン、自分はそのモンスターでしか攻撃宣言できず、そのモンスターの攻撃力は自分フィールドの「フォトン」モンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。

実は①効果だけで結構強い!


△さながら罠版のソルチャ

墓地の「フォトン」モンスターを任意の数だけ蘇生できるだけで結構強いという事実。

墓地に《銀河眼の光子竜》が3体落ちていたら(滅多にないが)3体そのまま蘇生できるって凄くね?

それこそ色々落ちてたら1:5交換の可能性があるって凄くね?

・・・これって要するに対象限定のノーコストソウルチャージって事なんで、いくら罠が遅いって言っても流石にデカイいですよね。

まぁ、だからこそサーチできない名称になってるんですけどねぇ・・・( ;∀;)

相手フィールドの「フォトン」モンスターのコントロールを奪う?

超銀河フォトン環境到来!とか・・・
超汎用フォトンモンスター登場!とか・・・
相手の場に出すフォトンモンスター登場!とか・・・
超コントロール奪取デッキ・カードが流行る!とか・・・

これに匹敵するくらいの条件が無いと普通には絶対機能しないっていう・・・。

要するに送り付けギミックを搭載しろって事なんだろうけど、【銀河フォトン】に送り付けギミックかぁ・・・。

一部例外はあるけどそもそも送り付けるやつが強いじゃないですか!ってなると、そもそも1枚使って送り付けて奪取しなおすってのが全然おいしくない様な気がするんですよね。

結局奪取しなおしたモンスターでしか殴れないってなっちゅうと、打点加算に関しても微妙だしなぁ・・・。

これって①を強く設定するために②が抑えられてる感じがすごいですよね(笑)。

アフターグロウで楽々ワンキルできちゃうのも向かい風

この子が既に出ちゃってるのも超向かい風ですよね。

だって簡単に11200で殴るんだもん(笑)。

やっぱりオマケっすかね・・・これは

・・・やっぱり「銀河フォトン」で転移ってイメージしにくいですよね?

まぁでも、その分①効果が豪快だから・・・もうそれで良いんじゃないかな・・・・・・( 一一)

いざって時には機能するから・・・いざって時が来るのをまちましょうや!

追伸:あらかじめミラーであることがわかってる状態で互いにデッキ入れてると面白そうではあります。というかそういう異色デュエルはちょっとやってみたいです。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

コメント

  1. 罠だからもし仮にミラーマッチが発生したら相手ターンにうばっ・・・
    しっかりと自分メインフェイズって書いてある抜け目のなさ、クセが強いですね

  2. 仲間は 必ず奪い返す!

  3. 残光竜は使っててとても強いんだけど、
    もし残光竜を使って絶え切られた時に次のターン以降リソースがほぼ0だからこのカード1枚でそのリソース0から一気に復活出来るって考えれば、
    強いのかなぁ…?

    使わんけどなぁ…(←なお七皇の剣入れてる)

  4. ハイパーギャラクシーが流行る可能性なら0でもないかも…?

タイトルとURLをコピーしました