【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第95話感想】超転生リンク召喚!二人の友情が作り出した「転生炎獣」新たな切り札!

ソウルバーナーvsボーマン戦の続き。

冒頭で草薙さん(生身)が保護されるシーンから何とも言えない悲しみが…((+_+))

仮想空間で負けると未帰還者状態になるって冷静に考えると滅茶苦茶怖いっすね…。

遊戯王ヴレインズ第95話より画像引用
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

スポンサーリンク

ソウルバーナーvsボーマン決着!

ウィンディによる浸食を退ける不霊夢

時折走るノイズの正体は「ウィンディ」でした。やっぱり食べるものはちゃんと選んだ方が良いですね。

…あの時の「お前を呪ってやる!」がこんなにも早く回収されるとは…。

ソウルバーナー(尊)をも浸食しようとするウィンディを、自らの意志の力で制圧する不霊夢。その結果、不霊夢は消滅してしまいましたが、最後の最後に相棒を守れて本望だったと思います。

リンク4「サラマングレイト」モンスター《転生炎獣パイロ・フェニックス》

尊と不霊夢の友情が生み出した新たなエースモンスター《転生炎獣パイロ・フェニックス》。

待望のリンク4「サラマウングレイト」モンスターってだけでも素晴らしいですが、転生リンク召喚すると相手の場のカード全破壊&効果ダメージって強すぎ!

転生リンク召喚(超転生リンク召喚)すると赤い炎が蒼い炎になるのも恰好良かったですね。

転生リンク召喚できる速攻魔法《転生炎獣の超転生》(サラマングレイト・トランセンド)等のサポートもキレッキレでした。

無作為すらもコントロールする圧倒的なボーマンの力

サイコロという一見運頼みな戦術を使うボーマンですが、ボーマンはその”無作為”という不確定要素すらも自らで掌握するつもりなのかもしれない。

…その為のサイコロ…(確かに発想がやばい)。

現にサイコロで負けようが勝とうが結局勝ち確の状況を作っていたことを考えると、「神」ならば、不確定要素の介入すらコントロール(超越)出来て然るべきだという事なんでしょう。意識タケェ!

あと強化版の《偽物の罠》みたいなカード(パンドラの宝札)がとても魅力的でした。

攻撃力倍加⇒攻撃⇒属性変更⇒攻撃力0⇒反射でゲームエンドとは…((+_+))

不霊夢との約束(絶対に勝つ)を守れなかったソルバ。メタ的な発言をすると…想定された結果ではありましたが、これは悲しい。

次回、ライトニングの罪とは!?

来週はリボルバーvsライトニングによるデュエル!

このサブタイと予告ナレーション…もしかしてイグニスの創造自体がライトニングによって仕向けられた計画とかだったらどうしよう…(大きな矛盾が生じるけど)。

鴻上博士も何かしらの要因によってコントロールされていたとかありそう…(白目)。

コメント

  1. これでファイアウォールX出せるね^^

  2. ウィンディの呪ってやるっていう人間っぽい捨て台詞に対してAIに呪いなんてないという現実を突きつけて少しだけしんみり、
    そして無様なウィンディのラストを演出したと思いきや
    本当に呪いみたいな感じで復活するとかウィンディ結構大物なのでは

タイトルとURLをコピーしました