【チキンレースはこんなに便利!】ダメージ抑止とドロー効果を兼ね揃えたフィールド魔法

oni
画像引用:【グーグル画像検索

本日は『クラッシュ・オブ・リベリオン』に収録された、優秀ドローソース「チキンレース」について!

ちなみに、上の画像は、「チキンレース」で大爆走している「鬼タンクT-34」の元ネタになったであろう、1964年作「鬼戦車T-34」です。興味がある人は是非見てみてね!(ラストが結構衝撃的)

SPONSORED LINK

チキンレース

oni-t

フィールド魔法
①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、 相手よりLPが少ないプレイヤーが受ける全てのダメージは0になる。
②:お互いのプレイヤーは1ターンに1度、 自分メインフェイズに1000LPを払って以下の効果から1つを選択して発動できる。 この効果の発動に対して、お互いは魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
●デッキから1枚ドローする。
●このカードを破壊する。
●相手は1000LP回復する。

ドローか破壊か好きなほうを選べ!

ライフポイントが相手より少ないプレイヤーが受けるすべてのダメージが0になる驚異的なダメージ抑止効果。このカードが展開されている場合は基本的に逆転劇になる感じですね~。

1000ライフポイント支払ってドローor自壊or相手のライフ回復効果の中からひとつ選んで発動できる。ライフを支払いドロー…いつ破壊するかは…ターンプレイヤー次第。

フィールド魔法なのでサーチできる!

tera
他のドロー魔法カードとの最大の違いは、「チキンレース」がフィールド魔法である事です。
「テラ・フォーミング」によるサーチはもちろんですが、フィールド魔法ならではの利点を活用すれば、もっともっと楽しくなるぞ!

「エンシェント・フェアリー・ドラゴン」で一方的に無料ドロー

en

シンクロ・効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2100/守3000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚できる。
この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。 また、1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。 フィールド上のフィールド魔法カードを全て破壊し、 自分は1000ライフポイント回復する。 その後、デッキからフィールド魔法カード1枚を手札に加える事ができる。

うなぎ竜と呼ばないで…。

「エンシェント・フェアリー・ドラゴン」の効果を使用すれば、「チキンレース」でドローした上で1000ライフ回復、そして次の「チキン・レース」をサーチする事ができます。
当然、相手ターンに「チキンレース」はフィールドに残っていないので、悪用される事もない!

後は、「Sinスターダスト・ドラゴン」で自壊効果から守る事で、毎ターンドローを買うってのも面白いかもしれませんねw(相手も使用できるので、なんともいえませんがw)

「成金ゴブリン」を採用しにくいデッキでも輝く!

narikin

単純ドローカードと言えば、「成金ゴブリン」が有名ですが。相手のライフを1000回復するというのは、安そうに見えて、実は安くない。(1000や2000の回復ならば問題なく削りきれるならOK。)

相手に回復されると困るデッキならば、「成金ゴブリン」よりも「チキンレース」の方が良いでしょう。
確かに、フィールドに残ると相手に利用されてしまう危険はありますが、そもそも利用される前に倒してしまえば良いのです!(ライフ差には気をつけて!)

モチロン、両方採用してドローしまくるのも良いですね!(これもデッキは選びますが…。)

管理人は《PSYフレーム》に採用しています

psyf

《PSYフレーム》デッキだと、専用フィールド魔法である「PSYフレーム・サーキット」を早急に手札に加える必要があるので、「テラ・フォーミング」はかなり厚く積みたいカードです。

しかし、「テラ・フォーミング」は厚くすると腐ってしまう可能性も高い!

そんな時は「チキンレース」の出番だ!って感じで私は採用しています。
《PSYフレーム》だけでなく、「テラ・フォーミング」を厚く積むデッキならば第二のサーチ先として一考の価値があると思うので、是非一度お試しあれ!

Amazon:チキンレース

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    初めHEROに採用かなぁって思ったけど、1000LPで0交換できてアライブとかのせいでライフが下回りますし戦闘ダメ回避があり、一見相性良さそうですけど
    やっぱり破壊効果選ばれると途端に厳しい未来が見えるんでやめました
    ライフでも調整ができないので3000とか一気に削りにくいですからね

    • cast より:

      残すと基本的に破壊効果選ばれますからねェ~
      やっぱり使い捨てって感覚で使うのが一番ですね。
      うまくコントロールできればライフ抑止も強いんですけが…。

  2. EXデッキ焼き より:

    私はグレイドルで使ってますね。インパクトが引けない時に強引にドローしたり、それと同時に自爆特攻しやすくしたりと何かと便利ですね。

    • cast より:

      グレイドルにはぴったりでしょうね~
      ダメージ軽減もうまく使えるし、もしかすると相性ナンバー1かもしれない!?

  3. 光子化とカットビングチャレンジのコンボが最近好きですwスカノヴァとかに有効ですΣ(||゚Д゚)
    レースは活路とか無理やり1+3ドローは厳しいですかね

    • cast より:

      スーパードロー型とかなら成金+レースの連打でライフ差を稼いで活路ドローとかも夢じゃないはず!
      ドローしまくるの楽しいよね…。

  4. くない より:

    クリフォートに使ってます(о´∀`о)
    ダメージ無効が何気に強くて重宝してますー

    自分もPSYフレーム使ってますが、迷走中です(´-ω-`)
    今は緊テレとサイキックインパルス入れた型考えてみたり…

    いつも楽しく記事、見させて頂いてます!( ̄- ̄)ゞ

    • cast より:

      ダメージ抑止効果をしらない人も結構いますよねw

      psyだともしもの時に…って感覚で使った方が良いかもですね。
      フレームサーキットより優先するものではないですし!

      励みになりますありがとです!

  5. 匿名 より:

    チキンレースで引いたパワーボンドを発動!
    デメリットを無視してサイバーエンドを融合召喚!
    快感です……w

  6. 匿名 より:

    神風とバードマンを生け贄にのうのうと生き延びやがった心の醜いクソうなぎ竜は滅びて

    • cast より:

      やっぱりエンシェントフェアリーはヘイト値高いですね…。
      新風とバードマンはやっぱりでかかった..

  7. 匿名 より:

    サーチしにくいヌメロンフォースを呼び込みつつダメージ遮断効果を無効化して攻撃できるのでカオスマリオネッターデッキで重宝してます。RUMサーチ増えないかなー

    • cast より:

      カオスマリオネッターデッキとは渋いですね!
      ストレートなRUMサーチは中々に難しそうですなぁ~

  8. 匿名 より:

    大逆転クイズに入れると中々。
    アライブで4000、チキンレースで3000にしドロー、クリフォトンで1000にしてヴォルカニックロケット召喚マガジンもってきてチェイン作りトップモンスターにし大逆転クイズすればマガジン落ちるので勝てます。

    • cast より:

      ほほぉ~
      そんな使い方もあるんですね。
      はじめて大逆転クイズされたときはビビッたのを思いだしましたw

コメントを残す

【ランク3エクシーズ一覧から選ぶオススメカード】リヴァイエール・アルカード・ダンテ・ブレイクソードなど

器用貧乏な一面は確かにあるが、実はかなり頼りになる!? ランク3

【新規強化カードが収録されそうな既存テーマを予想する】マーメイル・炎王の次は何だ?【妄想注意】

〈望まれし強化を的確に供給するマンとは俺のことだ!〉 7月8日発売予

【ミキサーロイドからアーマロイドガイデンゴーを特殊召喚できるよ】効果は使えないけどね!

『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-』の発売日が近

【調律対応《EMオッドアイズ・シンクロン》は超便利!】効果盛り過ぎで正直怖い…

関連記事:【EMオッドアイズ・ディゾルヴァーは強くて便利なナイスガイ】

【ランク8エクシーズ一覧から選ぶオススメカード】フェルグラ・タキオン・プライムフォトン・サイファーなど

苦労してエクシーズする程のモンスターがいないよね! 効果は割と強

【モンスター効果を無効化する《炎王獣ガネーシャ》効果考察】テーマと属性を強化する良サポート!

公式ツイッターがやたら「炎星」関連のツイートをしていたので、「

【自壊する弾丸テーマ「ヴァレット」デッキ・カード効果考察】リンクモンスターの効果対象で炸裂!

最新パック『サーキット・ブレイク』に収録される「ヴァレット」を

【ランク7エクシーズ一覧から選ぶオススメカード】ビッグアイ・ドラゴサック・フレアメタルドラゴン

征竜のおもちゃと呼ばれた時代も確かに存在した… しかし、それもこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑