【最強リンク5モンスターオススメカード一覧】クルヌギアス追記

リンク5モンスターの一覧から、強くてオススメな汎用モンスターをご紹介。

選出の基準としては、手軽に採用出来て強い・他のEXを経由する事で簡単に導入できる・他の出張札は必要となるが、それに見合った強さ・独自性を出せる…等々となっております。※リンク5を使う時点で汎用じゃないってツッコミは華麗にスルーしていただければ幸いです。

※クルヌギアスを追記しました。

スポンサーリンク

強くてオススメ汎用リンク5モンスター

ヴァレルエンド・ドラゴン

《ヴァレルエンド・ドラゴン》 
リンク・効果モンスター
リンク5/闇属性/ドラゴン族/攻3500
【リンクマーカー:上/左/右/左下/右下】
効果モンスター3体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのこのカードは戦闘・効果では破壊されず、モンスターの効果の対象にならない。
(2):このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
(3):フィールドの効果モンスター1体と自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。対象のフィールドのモンスターの効果を無効にし、対象の墓地のモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。この効果は相手ターンでも発動できる。

収録:【レジェンダリー・ゴールドボックス】

展開難易度
効果モンスター3体以上なのでリンク5の中では楽な部類です。
③効果を活用する為には墓地に「ヴァレット」モンスターを確保する必要がありますが、それも《クイックリボルブ》等を活用する事でクリアする事も出来ます。なお、③抜きで①②メインで運用してもそこそこ強いので、広い意味で汎用リンク5と言えるモンスターだと思います。
マーカー方向
エクストラモンスタ―ゾーン・メインモンスターゾーンどちらに出しても活躍できるマーカーを持っています。墓地蘇生しても手軽に活躍してくれるので、そこも意識して運用すると良いかも知れません。
オフェンス力
攻撃力3500で全てのモンスターに攻撃できる。耐性的にも硬いので、攻守一体の攻めを実現できる一枚です。
ディフェンス力
戦闘・効果で破壊されず、モンスターの効果の対象にならない。
ヴァレルソード,ヴァレルガード,ヴァレルロードの耐性効果を合体させただけあって、ディフェンス力は流石の一言。一個でも強い耐性が3つ合わさったら大変な事になるのは容易に想像できます。
相性の良いカード
《クイックリボルブ》:③効果の下準備用として相性抜群
《ヴァレルロード・F・ドラゴン》:蘇生効果
《各種ヴァレットモンスター》:誘発補助
相性の良いデッキ
ヴァレットデッキ
ドラゴン族の蘇生がうまいデッキ

ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード

《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード/Firewall Dragon Darkfluid》 
リンク・効果モンスター
リンク5/闇属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:上/左/右/左下/右下】
効果モンスター3体以上
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。自分の墓地のサイバース族モンスターの種類(儀式・融合・S・X)の数だけこのカードにカウンターを置く。
(2):このカードの攻撃力はバトルフェイズの間、このカードのカウンターの数×2500アップする。
(3):相手がモンスターの効果を発動した時、このカードのカウンターを1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。この効果をこのカードの攻撃宣言時からダメージステップ終了時までに発動した場合、このカードはもう1度続けて攻撃できる。

収録:【カオス・インパクト】

展開難易度
効果モンスター3体以上なので素材指定難易度自体は低め。しかし、①②③効果を活かしてナンボのカードなので、ただ単に出せば良いという訳でもありません。よって展開難易度はそれなりに高いです。※サイバース族の儀式・融合・S・Xモンスターを展開の中に組み込めるデッキを選んで採用する事になります。
マーカー方向
エクストラモンスターゾーン・メインモンスターゾーン問わず活躍できるマーカーですが、蘇生運用すると単なる3000打点モンスター止まりになってしまうのも事実です。それも悪くはありませんが、蘇生運用するなら《ヴァレルエンド・ドラゴン》の方が耐性面・効果面で単純に強力です。
オフェンス力
最高火力13000は伊達じゃない!
③効果を併用すれば10500の2連撃という鬼神の如き強さを発揮してくれます。
プレイヤーも殴れる連撃効果の強さは説明不要ですよね?
ディフェンス力
カウンターが大量に乗った状態での制圧力は鬼。
特に相手がモンスター効果で展開・突破を行うデッキなら尚の事です。ただし魔法・罠による除去には弱いので、過信出来る程の硬さはありません。
効果破壊耐性を付与できると更に硬くなるので、《IP:マスカレーナ》込みで出したいかも?
相性の良いカード
《IP:マスカレーナ》:耐性付与
《サイバネット・コーデック》:展開リソースの確保
相性の良いデッキ
サイバースデッキ
@イグニスター

閉ザサレシ世界ノ冥神(サロス=エレス・クルヌギアス)

リンク・効果モンスター
リンク5/光属性/悪魔族/攻3000
【リンクマーカー:上/右上/右/下/右下】
効果モンスター4体以上
このカードをリンク召喚する場合、相手フィールドのモンスターも1体までリンク素材にできる。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果は無効化される。
(2):リンク召喚したこのカードは、このカードを対象とする効果以外の相手が発動した効果を受けない。
(3):1ターンに1度、墓地からモンスターを特殊召喚する効果を含む、魔法・罠・モンスターの効果を相手が発動した時に発動できる。その発動を無効にする。

展開難易度
相手の場のモンスターを巻き込んでリンク召喚!
自分の場で4体、相手の場から1体供給できる為ので実質リンク4とも言える!
マーカー方向
展開する事が最大の目的なのでマーカー方向は二の次三の次。しかし、相手フィールドに2マーカーあるのはちょっと気になる。
オフェンス力
相手の強耐性持ちや制圧盤面を崩す最強の矛。
相手が場に4体並べたら赤信号!①効果でモンスターは一気に無力化されます。
ディフェンス力
対象をとらない効果に対する耐性持ち。対象をとる効果が相手だとすんなりやられます。
相性の良いカード
《I:Pマスカレーナ》:効果で相手の場を巻き込める
《星遺物からの目醒め》:効果で相手の場を巻き込める
※参考裁定記事
相性の良いデッキ
ワイト
暗黒界
とにかく横に並ぶデッキ

L・G・D(リンク・ゴッド・ドラゴン)

《L・G・D/リンク・ゴッド・ドラゴン》 
リンク・効果モンスター
リンク5/闇属性/ドラゴン族/攻5000
【リンクマーカー:左/右/左下/下/右下】
モンスター5体
このカードはリンク召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードが、闇・地・水・炎・風属性の全てを素材としてリンク召喚に成功した場合に発動できる。相手フィールドのカードを全て破壊する。
(2):フィールドのこのカードは他のカードの効果を受けず、闇・地・水・炎・風属性モンスターとの戦闘では破壊されない。
(3):相手エンドフェイズに発動する。自分の墓地からカード5枚を選んで裏側表示で除外する。5枚除外できない場合、このカードは墓地へ送られる。

収録:【リンク・ヴレインズ・パック3】

展開難易度
素材の指定自体は緩いですが、必ず5体素材リンクする必要があるので結果重いです。
この時点で汎用とは言い難いモンスターではありますが、《スケープ・ゴート》等を用いる事で展開難易度自体は下げる事ができます。
マーカー方向
相手方向に一切向いていない完璧なマーカー持ち。
ただし、リンク召喚でしか特殊召喚できないので蘇生運用は出来ません。
オフェンス力
①効果込みで考えると相当な破壊力を持ったカードです。しかし、①効果は下準備(お膳立て)が相当必要なので、この部分は専用デッキでも組まない限りは無視しても良いレベルです。攻撃力5000の完全耐性&光以外に戦闘破壊されないモンスターとして叩きつけていく感じになります。
ディフェンス力
超絶硬そうな印象ですが、《ホープ・ザ・ライトニング》《アストラム》等、このカードを単騎突破できるモンスターは割といます。特に《アストラム》は採用率が高く、ルール改訂以降(2020/4/1)は《ホープ・ザ・ライトニング》の採用率も上がりそうなのが気がかりです。硬いけど完璧ではないという意識は持っておいた方が良いでしょうね。
相性の良いカード
《スケープ・ゴート》:エンドスケゴによるリソース確保
《スターシップ・ギャラクシー・トマホーク》:1枚でリソースを確保できる
《ダーク・ドリアード》:《魔の試着部屋》を使ったコンボ
相性の良いデッキ
スケープゴートのリンクギミックを使ったデッキ

他のリンク帯はコチラ!!


リンク1

リンク2

リンク3

リンク4

リンク5

 

コメント

  1. L・G・Dは星杯なんかでも使いやすいですよねー
    リンク5は切り札感があって好きです
    その分すぐに除去られると悲しい気分にw

  2. リンクゴッドと五虹を併用すると除外デメリットを無視できるらしい

タイトルとURLをコピーしました