【ライディング・デュエル!アクセラレーション!】効果考察!「シグナル・ウォリアー」の出番!?

今日の夜記事は、2022年2月19日発売予定『HISTORY ARCHIVE COLLECTION』に収録される新カード《ライディング・デュエル!アクセラレーション!》に注目してみました!

アニメ『遊戯王5D’s』の印象深いフレーズである「ライディング・デュエル!アクセラレーション!」をカード名にしてしまった5D’sファン大興奮の1枚!

カード名だけでなく、効果の端々から5D’s感(ライディングデュエル感)が感じられるのマジ最高!

なお、カウンター繋がりって事でTOPは《シグナル・ウォリアー》さんに担当してもらいました!

スポンサーリンク

ライディング・デュエル!アクセラレーション!

永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、自分フィールドに他のカードが存在しない場合、デッキから「シンクロン」モンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):自分スタンバイフェイズに発動する。このカードにシグナルカウンターを1つ置く。
(3):自分フィールドのシグナルカウンターを2つ取り除き、魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。自分はデッキから2枚ドローし、その後手札を1枚選んで墓地へ送る。

スタートの掛け声らしいサーチ効果

これ、「なんで他にカードがあるとダメなのかな?」って最初は思ったんですが、よくよく考えたら、スタートの時の掛け声なんだから、そりゃフィールドは真っ新じゃないとダメっですよね。

まぁ、カードの強さ的にはちょっと弱体化しちゃってますけど、カード名とイラストを考慮するならこのテキストは絶対に必要だなぁーって思いました。毎度のの事ですがよく考えるなぁ(関心)。

《スピード・ワールド》をイメージしたカウンター増加効果

②効果によるスピードカウンターの増加は、アニメお馴染みの《スピード・ワールド》をイメージした効果ですね。スタンバイフェイズに強制発動する効果なので、設置してから発動するまでかなりタイムラグがあるのが玉に瑕です。円滑にドローしたいなら《シグナル・ウォリアー》不可避!

《sp-エンジェル・バトン》をイメージしたドロー効果

カウンター2つを参照しての2ドローからの1枚捨て効果!

―――これはまさしく《Sp-エンジェル・バトン》!

Sp(スピードスペル)と言ったらやっぱりコレ!ってカードなので、効果の一部になってくれたのは嬉しいですねぇ(∩´∀`)∩

まぁ、かなり悠長な効果ではあるんですが、発動時の処理で「シンクロン」モンスターをサーチできているのであれば、アドの観点では十分に仕事してくれてるカードではありますよね?

ライディング・デュエル!アクセラレーション!と相性の良いカード

各種「シンクロン」モンスター

自分フィールドに他のカードが存在しない……という条件には留意する必要がありますが、初動ならとりあえずサーチカードとして機能するので良さげ!

「サーチは《調律》で十分!」という声もありそうですが、《ライディング・デュエル!アクセラレーション!》は、『シンクロン』非チューナーもサーチ可能なので、《シンクロン・エクスプローラー》と《シンクロン・キャリアー》をサーチする事も出来ます。

効果モンスター
星2/地属性/機械族/攻 0/守 700
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の「シンクロン」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

効果モンスター
星2/地属性/機械族/攻 0/守1000
「シンクロン・キャリアー」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに「シンクロン」モンスター1体を召喚できる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在し、
このカード以外の「シンクロン」モンスターが
戦士族または機械族SモンスターのS素材として自分の墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドに「シンクロントークン」(機械族・地・星2・攻1000/守0)1体を特殊召喚する。

……まぁ、一応覚えておくと便利かも?

シグナル・ウォリアー

シンクロ・効果モンスター
星7/光属性/戦士族/攻2400/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):お互いのスタンバイフェイズ毎に発動する。このカード及びフィールドゾーンの表側表示のカード全てにシグナルカウンターを1つずつ置く。
(2):シグナルカウンターが置かれているこのカードは戦闘及び相手の効果では破壊されない。
(3):1ターンに1度、自分・相手フィールドのシグナルカウンターを以下の数だけ取り除き、その効果を発動できる。
●4:相手に800ダメージを与える。
●7:自分はデッキから1枚ドローする。
●10:フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
カウンター名が共通する事で生まれるシナジー!
《シグナル・ウォリアー》の効果でシグナルカウンターをばら撒ければ、《ライディング・デュエル!アクセラレーション!》の③効果を円滑に発動する事が出来て便利。
※《シグナル・ウォリアー》の①効果は、このカード自身と表側表示のフィールドカードにシグナルカウンターを置く効果です。注意文なのに管理人が間違ってました<(_ _)>

遊星を意識しつつも汎用性もある

同時に発表された他のカードと比較すると、カテゴリを指定しているのでかなり専用色の強いカードに見えますが、「シンクロン」自体は言うて汎用カードですし、時間さえかければドローモードも使えるので、まぁ汎用の枠に収まってるカードって言ってもいいのかなぁ?

《シグナル・ウォリアー》を使うかどうかは好みでしょうけど、①のサーチで最低限の仕事はしてくれるし、《禁じられた一滴》のコストにする等、結構用途は広い気がします。

まぁ、採用枚数で悩みそうなカードではありますねぇ(*´ω`)

0

コメント

  1. シグナルウォリアーはフィールドゾーンと自身だけですよ

    +2
    • シグナルカウンター自体が微妙なのは置いといて、取り除いて発動する効果は共有できるし、カウンターの数を増やせるから相性自体は悪くないと思う。

      +1
    • 今までフィールドのカード全部にカウンターのせれる、と思ってた…。

      +3
    • 注意文でミスという最悪の間違い( ;∀;)
      ちゃんとこのカードおよびフィールド魔法って書いてますね。修正しておきます。

      +3
  2. フィールド魔法だったらこれにもカウンター乗って水増し容易だったんだけどなあ

    +2
  3. シグナル・ウォリアーとのシナジーがあるということは、ヒスコレに再録されるフラグ?

    +2
    • スカーレッドスーパーノヴァも再録される点から期待できるんじゃないですか?

      +4
タイトルとURLをコピーしました