【混沌領域|カオス・テリトリー効果考察】白黒セットと相性抜群!ハイドランダーもサーチできる!

個人的に超期待している新カード《混沌領域(カオス・テリトリー)》の特集記事です。

通常召喚出来ない光or闇のモンスターをサーチし、墓地効果でドローできるスーパーカード!

「カオス」は勿論、様々な光・闇属性デッキで活躍できる可能性を持ったカードなので、心当たりのある人は、とにかく効果をチェックチェックチェック!!

当初は《混沌空間(カオス・スペース)》と名前がかぶってるからどうなるんだろう?と心配されていましたが、《混沌領域(カオス・テリトリー)》ってイカした名前をもらえて一安心です。

スポンサーリンク

混沌領域(カオス・テリトリー)/Chaos Space

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から光属性または闇属性のモンスター1体を墓地へ送って発動できる。そのモンスターとは属性が異なり、レベル4~8の通常召喚できない光・闇属性モンスター1体をデッキから手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外し、除外されている自分の通常召喚できない光・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをデッキの一番下に戻す。その後、自分はデッキから1枚ドローする。

収録:【ワールドプレミアムパック2020】

①のサーチ効果について

通常召喚できない光・闇属性モンスターと言えば?

メインデッキ内に入っている通常召喚出来ないモンスターとなると以下の二つが基本となります。

  • 光または闇属性の特殊召喚モンスター
  • 光または闇属性の儀式モンスター

「カオス」絡みのモンスターが多く所属していますが、他テーマでも「方界」,「Sin」等、ちょこちょこ面白いのがあります。

数が多いので全ては紹介しきれませんが、個人的に注目しているものをいくつかピックアップしてみました。

白黒セットとの相性がとにかく良いので、これで展開補強するだけで相当強いと思います。
《鉄騎龍ティアマトン/Iron Dragon Tiamaton》
特殊召喚・効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻2000/守 0
このカードは通常召喚できず、このカードの(1)の効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):3枚以上のカードが同じ縦列に存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。このカードと同じ縦列の他のカードを全て破壊する。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードと同じ縦列の使用していないゾーンは使用できない。
《影星軌道兵器ハイドランダー/Orbital Hydralander》
特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻3000/守1500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地にモンスターが5体以上存在し、
それらのモンスターのカード名が全て異なる場合のみ特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送って発動できる。
自分の墓地のモンスターのカード名が全て異なる場合、フィールドのカード1枚を選んで破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。
《影星軌道兵器ハイドランダー》とか《鉄騎龍ティアマトン》をサーチするのも面白そうです。

参照されるのは属性のみ

反対の属性のモンスターをコストとして要求されはしますが、レベルは参照していないというのがこのカードの強い所。普通なら反属性かつレベルが一致するモンスターとなりそうな所なのに、これはマジで偉すぎます。

②のドロー効果について

①を使った流れでドローをキメられる

①効果を使ったターンに②効果も使えるのマジで凄い!

こういうのって大体墓地に落ちたターンには使えないようにセーフティーされてるもんじゃないですかね?まぁ、①効果で失ったアドを②で取り戻すって設計なんでしょうけど、これはありがたい。

②効果はエクストラデッキのモンスターも対象にとれる

メインデッキに入る通常召喚出来ないモンスターはさっき紹介した通りですが、墓地ならEXデッキのモンスターも落ちてる可能性があるので更に範囲が広がります。

エクストラデッキのリカバリーをしながらドローを決められるって思ったんですが、これ現段階ではどっちか分かりません。裁定が出たら加筆しておきます。

※エクストラデッキから出したモンスターを対象にとり、EXデッキに戻しながらドローまで出来る裁定が出ていました。これはありがたいですね!

遊戯王OCGカードデータベース:混沌領域

白黒セット(コラプ、ワイバースター)をぐるぐるできる

②効果は、白黒セット(輝白竜ワイバースター,暗黒竜コラプサーペント)等、デッキにサーチ先が残っててほしいモンスターをデッキに戻す役割としても重宝します。

サーチを多用するデッキならリカバリー目的でも一級品って事ですなぁ~

白黒セットはマジで相性が良くて、①でコストにした白or黒を除外して白or黒を展開し、②効果で対象にとってデッキに戻すまで流れる様に決まります。うーん、シナジーの塊。

白黒領域ドラゴンデッキ出張が楽しみです!

実は今回の海外新規カードで1番楽しみにしているのがこのカードだったりします。

このカードと白黒のギミックって滅茶苦茶動きが洗練されてるので、ありとあらゆるドラゴン族デッキに流用できると思うんですよねぇ……(超期待)。

既に評価の高いカードなので初動は高そうですけど、正直6枚位欲しいと思ってます。

コメント

  1. キスキルリィラ持ってこれるな

  2. EXのモンスター戻した場合ドローは出来ないと思われます。

    • 確認しました。
      これ出来ないですね…( ;∀;)
      修正しておきます

      • って思ったんですが…
        前例が無いので裁定待ちで加筆修正させてもらう事にしました
        ドローできたら超強いなぁー

      • 遊戯王カードWikiでは以下のとおり書かれています。
        なおエクストラデッキのモンスターを対象にした場合、エクストラデッキに戻ることになるがドローも通常通り行える。

  3. カオス・テリトリーで斬機シグマ(マイニングでサーチ可)を墓地に送ってBloo-Dサーチ
    斬機シグマとモンスター一体でハリファイバーオライオンアウローラドン
    幻獣機トークン3体をリリースしてBloo-D特殊召喚

    さらにデストルドーがいれば残った幻獣機トークン一体とシンクロしてFAライトニングマスターで
    スキルドレイン+魔法罠妨害か

  4. EX縛り定期

    • サイバース縛りがあったか・・・手札も厳しくなるしカオステリトリー自体サーチできないし難しいか

タイトルとURLをコピーしました