《シンクロ・トランセンド》効果考察:相手場のSモンスターを参照できるかどうかが課題

ジャンプフェスタ2019も近付いて参りましたので、『プレミアムパック2019』収録予定のカードをちょくちょく見て行きましょう。

本日は、漫画5D’sで「遊星vsクロウ」戦にて両者が使用した《シンクロ・トランセンド》をご紹介。

遊星は《グラム》を《マイティ・ウォリアー》に、クロウは《マイティ・ウォリアー》を《ホーク・ジョー》に変換したんだよね…(読み返しながら)。

スポンサーリンク

シンクロ・トランセンド

《シンクロ・トランセンド》
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1度しか発動できない。
(1):相手フィールドのSモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターより1つ高いレベルを持つSモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。

相手フィールドのSモンスターのハードルが高い

遊戯王OCG スターダスト・ドラゴン ゴールドシークレットレア GP16-JP009-GS 遊戯王アーク・ファイブ [GOLD PACK 2016]

5D’s期(シンクロ召喚全盛期)なら話は違いましたが、今の遊戯王に当てはめると結構きつい条件です。

相手の場のモンスターを除去する訳でもないので、盤面解決になっていないのも気になりますね…。

転移等、送り付け戦術を使うデッキならワンチャン

【シングルカード】遊戯王 強制転移 SD4-JP021 ノーマル

対象にしたモンスターよりも1つ高いレベル限定なので、基本的に全て自前で用意してようやく成立するレベルの難しさと考えて間違いなさそう。

wikiにもありましたが、【機皇】のサブプランとして使うのが一番理にかなっている気がします。

……それでも相手の場の驚異を処理できてないのはやっぱり気になるなぁ…。

イラストに隠されし真実に気付いてしまった

遊戯王カード SD31-JP043 覇魔導士アーカナイト・マジシャン ノーマル 遊☆戯☆王ARC-V [STRUCTURE DECK -ペンデュラム・エボリューション-]
▲もしくはそこから融合orバスターモード

これ、《エクスプローシブ・マジシャン》を対象に発動して《アーカナイト・マジシャン》を特殊召喚したって状況だと思うんですが、S召喚扱いじゃないから逆にぶん殴られるって言う…(笑)。

HAHAHA、たぶん別の手段で魔力カウンター置くんだよね…(焦)。

コメント

  1. 一番最初に作ったデッキが「アーカナイト・マジシャン」のデッキでしたので、イラストに隠されし真実…僕も気になっていましたw
    レベル参照が相手のモンスターなので、採用が多いレベル8を見越したレベル9モンスターと一緒にサイドデッキ運用というのが環境によっては流行りそうですねb

    • メインから入れるなら転移ギミック シンクロ流行時に流行レベル帯に応じてってところでしょうか… 除去出来てたらワンチャンあったかもしれないですね

  2. 場にレベル1がいる時にギブアンドテイクつかえば、エクシーズも狙えますね。

  3. グレイドルならワンチャンありそうですよね。
    元々グレイドルと強制転移は相性が良いですし、グレイドルドラゴンを転移してレベル9シンクロを出しながら、下級グレイドルで自爆特攻からのグレイドルドラゴンを取り返したり最悪破壊してもアドは取れます。

タイトルとURLをコピーしました