【汎用性が高く強いリンク3モンスター】一覧から選ぶオススメカード《トランスコード・トーカー》追記

公開日: : モンスター(リンク)

a0790_001232_m

マーカーの確保と戦線維持を同時に担うリンクモンスター界の花形

素材の消費量に見合った実力を持つ強き者たちの巣窟!

攻撃力・効果ともに頼もしく、我々デュエリストを勝利へと導いてくれます。

【リンク召喚】の花形リンクをしっかりとチェックしておきましょう。

SPONSORED LINK

上・左下・右下マーカーを持つリンクモンスター

デコード・トーカー

リンクモンスター・効果
闇属性/サイバース族/攻2300/LINK3
マーカー:上・左下・右下(⇧・↙・↘)
効果モンスター2体以上
①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
②:自分フィールドのカードを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。その発動を無効にし破壊する。

収録:【スターターデッキ2017】

関連記事:【リンク召喚の要「デコード・トーカー」考察】効果もリンクマーカーも優秀ですぞ!

効果モンスター2体以上
  • EXモンスターゾーンに立てるカードなので蘇生活用などには向いていません。下方2マーカーを確保しながら場持ちの良い打点要員を展開できるってのが最大の強みだと思います。
モンスター効果について
  • 自分の場のモンスターで1000UP、相手の正面に出して行って2800運用みたいなシーンが多いカードですが、実は最大攻撃力3800まで到達する脳筋モンスターです。
  • ②効果は対象をとる効果(魔法・罠・モンスター効果)であれば、種類を問わず守る事ができるので信頼度はかなり高いです。

ライトロード・ドミニオンキュリオス

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/戦士族/攻2400
【リンクマーカー:上/左下/右下】
同じ属性で種族が異なるモンスター3体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。デッキからカード1枚を選んで墓地へ送る。
(2):自分のデッキのカードが効果で墓地へ送られた場合に発動する。自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
(3):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

収録:【リンク・ヴレインズ・パック】

関連記事:【ライトロード・ドミニオン・キュリオス効果考察】ラヴァルバル・チェイン効果!こいつもトーチ一枚で出るじゃん

同じ属性で種族が異なるモンスター3体
  • 属性は同じで種族が異なるモンスターを必ず3体要求されるというのはかなり重そうな素材指定に見えます。しかし、エクストラデッキのリンクモンスターなどを経由すればそこまで不可能な素材要求ではない事が分かります。
  • 現状の評価はそこまで高くありませんが、最終的にはかなりヤバイ存在にりそうな一枚。
モンスター効果について
  • リンク召喚時にデッキから何でも1枚墓地送りと、その効果に連動して誘発するデッキトップ3枚墓地送り。
  • ③効果は相手の効果依存な所がありますが、何でも回収OKという意味が分からない程の回収能力を誇っています。
  • 安い内に一枚買っとけ枠。

サモン・ソーサレス

リンクモンスター
リンク3/闇属性/魔法使い族/攻2400
【リンクマーカー:上/左下/右下】
トークン以外の同じ種族のモンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。手札からモンスター1体を、このカードのリンク先となる相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードのリンク先の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターと同じ種族のモンスター1体をデッキから選び、このカードのリンク先となる自分・相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

収録:【Vジャンプ2018/1号付録】

関連記事:【サモン・ソーサレスで《超越融合》は更に強く】色んなデッキに出張可能なリクルートセットの可能性
関連記事:【Vジャンプ1月号付録《サモン・ソーサレス》効果考察】神の降臨!イドロック!色々と悪さしか考えられないんですけど…
関連記事:【サモン・ソーサレス面白活用法】ヴァジュラでハーピィの羽根帚!ジャックポット7!コザッキー爆弾!

トークン以外の同じ種族のモンスター2体以上
  • リンクモンスターを経由すれば楽々出せてしまう素材指定。
  • 効果を使用した後は速やかにリンク4やその他に繋げるカードだと思うのでマーカー使用はそれなり。ただ、効果と密接にかかわっているので重要である事は間違いなし!
モンスター効果について
  • 凶悪なコンボパーツとして使用される事も多いですが、このカードの登場で救われたテーマデッキが数多く存在るのも事実。
  • 想像以上に汎用性の高いカードなので1,2枚は確保しておいた方が良さそうです。使い方は関連記事でご確認ください。

トポロジック・トゥリスバエナ

 リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/サイバース族/攻2500
【リンクマーカー:上/左下/右下】
効果モンスター2体以上
(1):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動する。そのモンスター及びフィールドの魔法・罠カードを全て除外し、この効果で除外した相手のカードの数×500ダメージを相手に与える。

収録:【フレイムズ・オブ・デストラクション】

関連記事:【新たな良き力《トポロジック・トゥリスバエナ》効果考察】
関連記事:【ブラマジ使いは《トポロジック・トゥリスバエナ》が怖い】

効果モンスター2体以上
  • 素材も緩くマーカーも優秀。前方マーカーも自身の効果と密接なかかわりを持っていて無意味ではない。
モンスター効果について
  • 魔法・罠カードを多く背負うデッキにとっては天敵とも呼べる存在。
  • 破壊ではなく除外である点がとにかく強い。

左・右・下マーカーを持つリンクモンスター

電影の戦士ガイア・セイバー

リンクモンスター
地属性/機械族/攻2600/LINK-3
リンクマーカー:左・下・右(⇦・⇩・⇨)
モンスター2体以上

収録:【コード・オブ・ザ・デュエリスト】

関連記事:【電影の騎士ガイアセイバー:考察】《創造の代行者 ヴィーナス》を使った展開ルートに期待大!

モンスター2体以上
  • トークンをそのまま使用できる素材指定なのでEXデッキの削減に繋がります。省エネ感こそガイアさんの強みだと思う。
モンスター効果について
  • 「効果なんて捨ててかかって来いよ!」
  • 墓地蘇生で機能する左右マーカーなのでメインモンスターゾーンから横に広げる為のリンクマーカー要員として有能。
  • リンクの中継などに使用して蘇生したい(願望)。

トロイメア・ユニコーン

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/悪魔族/攻2200
【リンクマーカー:左/右/下】
カード名が異なるモンスター2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主のデッキに戻す。この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローできる。
(2):自分ドローフェイズの通常のドローの枚数は、フィールドに相互リンク状態の「トロイメア」モンスターが存在する限り、その「トロイメア」モンスターの種類の数になる。

収録:【フレイムズ・オブ・デストラクション】

関連記事: 【汎用性の塊「トロイメア」リンクモンスターは集めておくべきカード】

カード名が異なるモンスター2体以上
  • トークンも使用できるので素材指定はかなりガバガバ
  • 相互リンクできる展開力があればドロー効果まできちんと見れる
モンスター効果について
  • 汎用面で見ると、①効果によるデッキバウンスがメイン
  • ドロー枚数増加は「トロイメア」カウントがそれなりに必要になります。

上・左・下マーカーを持つリンクモンスター

V-LANヒドラ

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/サイバース族/攻1900
【リンクマーカー:上/左/下】
トークン以外のモンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力はこのカードと相互リンクしているモンスターの数×300アップする。
(2):このカードの相互リンク先のリンク3以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをリリースし、そのリンクマーカーの数だけ
自分フィールドに「V-LANトークン」(サイバース族・光・星1・攻/守0)を特殊召喚する。
このターン自分は対象としたモンスターとリンクマーカーの数が同じモンスターを特殊召喚できない。

収録:【Vジャンプ2017年8月号付録】

関連記事:《V-LANヒドラ》効果考察・使い方を考える!

トークン以外のモンスター2体以上
  • ビジュアルや打点のせいかリンク2と勘違いしてしまう人が意外と多い
モンスター効果について
  • 相互リンクしていれば相手のリンクモンスターもバラバラに解体できちゃうお蛇様。
  • 見えてるこのモンスターと相互リンクする位置にモンスターを展開してくるデュエリストは流石にいないので解体成功率はやや低め。しかし、《電送擬人エレキネシス》の登場により解体チャンスがちょっぴりUP!無理やり移動させてじゃんじゃん解体狙っていきましょう(願望)。 
  • バハシャ裁定が出てるのでこのモンスターをリンク召喚したターンでもリンク3を解体するは可能です。(発動後リンク3を出す事は不可能)

上・右・下マーカーを持つリンクモンスター

トランスコード・トーカー

 リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/右/下】
効果モンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが相互リンク状態の場合、 このカード及び、このカードの相互リンク先のモンスターの攻撃力は500アップし、 相手の効果の対象にならない。
(2):「トランスコード・トーカー」以外の 自分の墓地のリンク3以下のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。 この効果を発動するターン、自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。

収録:【スターターデッキ2018】

効果モンスター2体以上
  • EX・メインモンスターゾーンで両使い出来るマーカー
  • 素材指定は緩く扱いやすいです
モンスター効果について
  • ②の蘇生で①効果に繋がる手軽さが最大の強み!
  • ②による蘇生は効果無効などの無い完全蘇生なので、組み合わせ次第でかなり柔軟な展開が可能になります。
  • サイバース族モンスター縛りの特殊召喚制約は重いですが、デッキ次第では問題にならない良采配。
  • 汎用に入れるかどうか迷いましたが、サイバースの今後の広がりを考えると入れても問題ないと判断しました。

左・右・左下マーカーを持つリンクモンスター

パワーコード・トーカー

リンク・効果モンスター
リンク3/炎属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:左/右/左下】
モンスター3体
(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
(2):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、このカードのリンク先の自分モンスター1体をリリースして発動できる。このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、元々の攻撃力の倍になる。

収録:【ストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-】

モンスター3体
  • トークンも素材にできる緩々指定ですが、モンスター3体なのでリンクモンスターによるリンク軽減は利用できません。必ず3体のモンスターを使用してリンク召喚する必要があります。
  • マーカーはEXゾーンだけでなくメインモンスターゾーンでも機能するので墓地からの蘇生にも適してます。
モンスター効果について
  • 厳密には違いますが、リンク界の《ホープ・ザ・ライトニング》って感じのカード。
  • ②効果のリリースコストはトークンなどで賄って軽く済ませたい。
  • 《スケープ・ゴート》一枚から展開して効果までつなげるってのが地味に強い。

左・上・右マーカーを持つリンクモンスター

星杯戦士ニンギルス

リンク・効果モンスター
地属性/戦士族/攻2500/LINK-3
リンクマーカー:上・左・右(⇧・⇦・⇨)
リンクモンスター2体以上
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。このカードのリンク先の「星杯」モンスターの数だけ、自分はデッキからドローする。
②:1ターンに1度、自分のメインフェイズに発動できる。自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ選んで墓地へ送る。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

収録:【コード・オブ・ザ・デュエリスト】

リンクモンスター2体以上
  • 変換用のリンクモンスターには事欠かないので扱い易いです。
モンスター効果について
  • ①のドロー効果は「星杯」デッキ専用。
  • ②の対象をとらない墓地送り効果なのが強力です

トライゲート・ウィザード

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/サイバース族/攻2200
【リンクマーカー:上/左/右】
トークン以外のモンスター2体以上
(1):このカードと相互リンクしているモンスターの数によって以下の効果を得る。
●1体以上:このカードと相互リンクしているモンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、そのモンスターが相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
●2体以上:1ターンに1度、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。
●3体:1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。その発動を無効にし除外する。

収録:【ストラクチャーデッキ-サイバース・リンク-】

関連記事: 【スパイラルの《トライゲート・ウィザード》が強すぎる】

トークン以外のモンスター2体以上
  • メインモンスターゾーンのマーカーをつなぎながらついでに制圧してくるウィザードさんマジ鬼畜。
モンスター効果について
  • このカードのポテンシャルを最大化する為の展開力が絶対条件
  • 相互リンク2体以上の除外と3体以上の効果無効除外がとにかく強力なので積極的に狙っていきましょう

左下・下・右下マーカーを持つリンクモンスター

セフィラ・メタトロン

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/幻竜族/攻2500
【リンクマーカー:左下/下/右下】
EXデッキから特殊召喚されたモンスター2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先の、EXデッキから特殊召喚されたモンスターが
戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地のモンスター及び自分のEXデッキの表側表示のPモンスターの中から、
モンスター1体を選んで手札に加える。
(2):このカード以外の、自分及び相手フィールドの
EXデッキから特殊召喚されたモンスターを1体ずつ対象として発動できる。
そのモンスター2体をエンドフェイズまで除外する。

収録:【リンク・ヴレインズ・パック】

EXデッキから特殊召喚されたモンスター2体以上
  • 一見するとかなり重そうな素材指定に感じられますが、《リンクリボー》や《リンクスパイダー》を経由すればトークンでも出せるので実は緩いです(EXデッキは使うけど)。
  • 使ってみると想像以上に【リンク召喚】ソリティア理論と噛合ったカードだというのが実感できると思います。
モンスター効果について
  • ①効果はやや相手依存なので決まればラッキーくらいな感じ
  • ②効果は一時的な除外かぁ~と軽視される事が多い印象ですが、汎用で使えるリンク3下方3マーカーってだけで実は有能説…有ると思います。
  • ①効果は確かに上手く使えないシーンもありますけど、②効果は自分のEXモンスターを一時離脱でマーカー外にドッコイショとかも出来るし、耐性持ちを剥がしてキル力を高める的な役割もあるので決して弱くはないはずです。

トラフィックゴースト

リンクモンスター
リンク3/闇属性/サイバース族/攻1800
【リンクマーカー:左下/下/右下】
モンスター3体

収録:【ストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-】

モンスター3体
  • 素材の緩さが最大の売りですが、必ず3体素材が必要なので軽いようで重いです。
  • 効果もないし、このカードしか選択出来ない。EXデッキへの圧迫を出来るだけ軽減しながら3マーカー確保したいデッキ専用って感じだと思います。
モンスター効果について
  • 効果はないです…。

汎用リンク3も徐々に盛り上がってきたぞ

 

当初は、「《デコード・トーカー》しかいねぇ!」と散々言われていましたが、徐々に増加していつの間にやら賑やかになってきました。

特に《トライゲート・ウィザード》をうまく扱えるデッキが出てきたってのは大きな変化ですねぇ~

これからもガシガシ増えて行くでしょうし、【リンク3モンスター】からは目が離せません!


リンク1

リンク2

リンク3

リンク4

 

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    レベル帯シンクロやランク帯エクシーズの記事は面白くよく読んでいたのですがリンクについてはまだ早いというか現状出ているカード全て挙げても足りない気がします

    • cast より:

      増えてからだと管理が大変になるのであらかじめ作成させて貰いました。これからずっと継続更新していくものになるので最終的に面白い記事になればよいなと考えています。確かに纏まってからUPしたら最初からある程度面白いんですけどね…。管理人の都合で早めに記事にさせてもらいましたスマネェっす。

  2. 匿名 より:

    ガイヤセイバーさんはリンク4に繋げやすい所がメリットになるんですかねー

    • cast より:

      リンク数が利点になるようになってきたら面白いですよね。リンクモンスターの蘇生が得意なテーマとか出てきたら大きな強みになりそうです。

    • 匿名 より:

      エメラルで吊り上げてエメラルとLink4みたいな

  3. 匿名 より:

    デコードの上指定はEXゾーンに置くとデメリットにしかならないからEXリンクの時に・・・とか考えてたけど、EXリンクは全リンクモンスターを相互リンクする必要があったの忘れてた

  4. ユキ より:

    サモン・ソーサレスも種族統一デッキには出張しやすいですし今後も有能なの増えますかね?

  5. 匿名 より:

    サモン・ソーサレスは可能性しか感じない・・・!
    キュリオスは悪用できそう芝刈りサーチしたり

  6. とろける紅き鮭 より:

    キュリオスは制圧力は無いものの、いずれはショックルーラのように簡単に出てくるようになりそうで恐い。リンクマーカを活用する気の無い効果といい、ライトロードでは出しづらい素材指定といい、私は君がリンクモンスターである意味を全く感じないのだ。

    • cast より:

      やっぱり最終的に一番悪さしそうなのはこのカードっすよねぇ 管理人もそんな気しかしませんw

  7. ラララ より:

    今の所、サモンソーサレス、キュリオス、デコード、パワコード、トラフィクゴーストあたりが使われそう
    さらに増えそうだし、簡単な素材で危険なモンスターが今後出そうで怖い

    上でも書いてあるけど、禁止行きのシヨックルーラーさんを思い出すと思います

  8. 荒くれナンバーズ より:

    セフィラ・メタトロンはペンデュラムデッキでダークヴルムと覇王門をいれておくと 覇王門の効果でEXデッキからドラゴン呼び出せるのがたまに使えるのがおもしろい

  9. 通りすがりの人 より:

    ニンギルスは地属性ですよ

  10. アクシズ教信者 より:

    トランスコードって汎用性あります?
    2つ目の効果ってデメリットの都合上サイバース族デッキでしか使えないような

    • cast より:

      うーん ぶっちゃけ迷ったんですけどね 流れで考えると最小限リソースで強固な相互リンクを形成できるのは強いですが、構築段階から想定したらかなり寄せないとなので汎用と言い辛い気もする。ただ、最近のサイバースの広がりや今後を考えると汎用と言っても良い様な…(;^ω^) ちょっとお試しで入れさせて下さい

  11. 匿名 より:

    私もキュリオスとガイアセイバーはよく使っています!
    キュリオスは好きなカードを墓地送り&サルベージが素晴らしいし、セイバーはエメラルで蘇生できるのがメリットだと思います。

    • cast より:

      セイバーは何だかんだでマーカーが使いやすいですよね 進化体を出して欲しい今日この頃

  12. 匿名 より:

    トランスコードはサイバース寄りですが汎用といっても差し支え無いと思いますね。
    汎用リンクであるセキュリティとコードトーカーならそれらを素材にしつつ蘇生で相互リンク完成。
    メインモンスターゾーンに出せたのならアンダークロックテイカーで相手の打点下げながら相互リンクができ、VLANヒュドラ、トライゲートウィザードとも相性はいい。
    それに釣り上げ効果を無視してでも大量に相互リンク可能ならトロイメアに負けますが汎用リンクで耐性+打点upもそれなりに便利って感じです。

    • アクシズ教信者 より:

      セキュリティやコードトーカー等が有るとはいえ
      その素材までもサイバース族ではないといけない点がネックなんですよね
      EXから出せるのがサイバース族のみ
      とかなら問題なく汎用だとは思うんですがね
      今後のメインに入るモンスター次第とはいえ厳しいとは思います

      それに耐性+打点upに関して言えば自信とリンク先にしか適用されないのが惜しい所ですよね
      多くて二体と自身にしか付けられないのは
      自分としては弱いなと思ってしまいますよね

      トランスコードは効果モンスター2体だから汎用だと思いますが
      サイバース族通常モンスターやトークンを使っての展開に対して微妙に邪魔なカードを入れないといけないようにするためだと思ってたりします

      • cast より:

        ごもっともな意見だと思います。ちょっと数日考えてみますね…(;^ω^)

      • 匿名 より:

        確かにその通りなのですが、相手ターンに発動するスケゴからリンクするモンスターとしてはパワーコードと並ぶ1つの選択肢になり得ると思ったんですよね。

    • cast より:

      …って気持ちもあるけどNOという意見も結構分かってしまうジレンマ。もう少し考えてみます…(;^ω^)

  13. アクシズ教信者 より:

    まぁ、絶対にNoってつもり無いですよ?
    リコーデッドやリミットコードあるから
    汎用の範疇でもあるとは思いますし罠で有ること除けば

    • cast より:

      選定は管理人の判断に依存しているので 率直な意見を出してくれるのは助かります。とても丁寧な考察をくれて本当にありがとうございます(*’ω’*)

コメントを残す

【闇鋼龍ダークネスメタルのカード効果予想編】Vジャンプ付録・応募者全員サービスで蘇る伝説竜に思いを馳せる!

Twitterなどをご使用の皆さんは既に周知の事と思いますが、来月

【強い汎用リンク2モンスター】一覧から選ぶオススメカード 【リプロドクス、ハイパースター、見習い魔嬢など追記】

出しやすくって使いやすい、【リンク召喚】のメインストリーム

【No.75ゴシップ・シャドーの使い方・効果考察】モンスター効果に対する制圧力は如何程か!?エクシーズ素材化も面白いです

5月12日発売『コレクターズパック2018』にて、新たなナンバーズ

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第48話感想】儀式サイバース&新たなコードトーカー登場!ソウルバーナーと不霊夢もカッコイイね!

奪われた仁くんの精神を追いかけて新生リンクヴレインズを疾走する

【コレクターズパック2018 ・収録カードリストまとめ】新たなナンバーズ《No.75惑乱のゴシップ・シャドー》!モンスター効果をドローに変えるぜ!

『コレクターズパック2018』の情報が到着だぁぁ! まだ4枚

【リトマスの死の剣士とスキドレの布陣は凶悪です】一緒に使いたい罠カード5選付き!

《馬頭鬼》、《マスマティシャン》等の汎用性の高いカードから、「

【星杯ストーリー考察・解説】《星冠》の出現とパラディオン集結・機械騎士の過去【星遺物を巡る戦いの歴史-第五幕-】

「星遺物」を巡る戦いの歴史をここに刻む。 本記事は、『星杯』『星

【神樹のパラディオンは汎用チューナーです】ハリファイバー対応・増援対応のレベル3汎用チューナー

新テーマ【パラディオン】に何故か存在しているレベル3チューナー

→もっと見る

PAGE TOP ↑