【ヨーウィー効果考察】相手ターンに特殊召喚するのもアリですね《スネーク・ホイッスル使う?》

6月12日発売予定『ANIMATION CHRONICLE (アニメーション クロニクル) 2021』に収録される新カード《ヨーウィー》の特集記事です。

相手の次のドローフェイズをスキップするという禁断の効果を持ったモンスターですが、その強力さ故にデュエル1&特殊召喚に関する強烈なデメリットを抱えて誕生する形になりました。

大いなる力には、大いなるデメリットが伴う…って訳か…

スポンサーリンク

ヨーウィーの使い方・効果考察

効果モンスター
星3/地属性/爬虫類族/攻 500/守 500
このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分は1回しかモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカード1体のみが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
次の相手ドローフェイズをスキップする。

収録:【アニメーションクロニクル2021】

通常召喚に対する縛りは一切存在しない

この効果を発動するターン、自分は1回しかモンスターを特殊召喚できない。

デュエル1に加えて、特殊召喚に対するかなり重いデメリットテキストを背負っていますが、召喚に関するデメリットは一切持っていない為、《二重召喚》や《サモン・チェーン》で隙間を縫う事は可能になっています。

通常魔法
(1):このターン自分は通常召喚を2回まで行う事ができる。

《ヨーウィー》の①効果は特殊召喚にも対応しているので、《ヨーウィー》特殊召喚⇒効果発動⇒リリースして上級モンスターをアドバンス召喚みたいな流れでも形になりそうですね。

相手のドローフェイズをスキップしながら《虚無魔人》や《威光魔人》を出すのは結構うざそうw

1体のみのテキストがちゃんと仕事している

このカード1体のみが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
ペンデュラム等で同時特殊召喚する等のズルは許しませんよーって意思を感じるテキストですね。
まぁでも、ペンデュラムするデッキで《ヨーウィー》出して満足ってのはちょっと勿体ない気がするので、念のためって感じはしますね。
個人的には《イピリア》と一緒に特殊召喚して自分はドローして相手のドローフェイズをスキップするみたいな陰湿ムーブが出来ないのはちょっと残念でした(笑)。

重いデメリットは相手ターンに特殊召喚すれば回避できるが…

重いデメリットが気になるならば、相手ターンに《ヨーウィー》を特殊召喚するのも一つの手です。しかし、その場合にスキップされるのは、次の自分のターンを跨いだ次の相手ドローフェイズとなり、かなりのタイムラグが発生する事になります。

ターンを跨ぐ術に長けているジックリドッシリ戦うタイプのデッキなら良いかもしれませんが、普通のデッキなら致命的なタイムラグだと思うので、これはちょっと工夫が必要になりそうかも?

なお、相手ターンに特殊召喚するなら《ダメージ=レプトル》や《スネーク・ホイッスル》が超おすすめ!

永続罠
1ターンに1度、爬虫類族モンスターの戦闘によって
自分が戦闘ダメージを受けた時に発動できる。
その時に受けたダメージの数値以下の攻撃力を持つ爬虫類族モンスター1体を
デッキから特殊召喚する。

通常罠
自分フィールド上に存在する爬虫類族モンスターが
破壊された時に発動する事ができる。
自分のデッキからレベル4以下の爬虫類族モンスター1体を
自分フィールド上に特殊召喚する。

どちらも受け身になりがちなカードではありますが、相手ターンに《ヨーウィー》や《イピリア》を出して遅延しつつ戦うのはコントロール目線だとちょっと楽しいですね。

BIG1のカードが二年連続で収録されるの面白いですねw

この調子だと、毎年1枚ずつBIG1のカードが収録されて行きそうですが…(;^ω^)

コメントにもありましたが、ルクランバやエインガナもOCG化して欲しいですねぇ(/・ω・)/

※去年はペンギン魚雷だったので、2年連続じゃありませんでした<(_ _)>

0

コメント

  1. 今更で申し訳ないんですけど、イピリアが収録されたパックって一昨年の2019年発売だった気がするので「BIG1のカードが2年連続で収録」は間違ってる気がします…

    +1
    • 真実は時に残酷だな

      +3
    • ペンギン魚雷の存在をすっかり忘れてました
      という事は1年空いてるんですね
      訂正しておきます<(_ _)>

      +1
タイトルとURLをコピーしました