《相視相殺(そうしそうさい)》の使い方を考える・未界域デッキ対策にサイドから入れられる?【脳天直撃セガサターン】

公開日: : 罠カード

ピケルとクランが競い合う可愛いカード《相視相殺(そうしそうさい)》の使い方について考えてみました。

イラストだけ見ると可愛いカードですが、このカードの前後を想像したら、脳天が痛くなりますね…(意味深)。

イラストに隠されし真実は、記事の後半部分で触れています。

SPONSORED LINK

相視相殺(そうしそうさい)

《相視相殺》
通常罠
(1):このターン、お互いのプレイヤーは手札を公開し続ける。
この効果で手札を公開し続けている間、お互いの手札に同名カードが存在する場合、お互いにそのカード及びその同名カードの効果の発動ができない。

 

互いに手札を見せ合って、お互いの手札にある同名カードの発動を封じる効果。

互いの手札状況次第では、魔法・罠・モンスター効果と、種類を問わず発動を封じる事ができますが、結局は同名カードを互いが持っていないと意味がない。

一応、《増殖するG》,《灰流うらら》,《無限泡影》,《墓穴の指名者》等、汎用性が高い仮想ターゲットは存在しますが、それらをメタるだけならもっとスマートな方法がいくらでもあるのが現実。

じゃあこのカードは何の為に存在すのか?どう使うべきなのでしょうか?

ミラーマッチのサイドボード

ミラーマッチなら当然同名カードを参照できる可能性が高まる訳ですが、罠である時点で先攻妨害には使えないし、先攻で使ったカードは参照できないし…で、この場合も安定感は非常に低いと予想できます。

というか、ミラーマッチなら《抹殺の指名者》って強力な武器が使える訳ですし、不安定な《相視相殺》を使う必要はないですよね?

未界域対策にサイドから採用する

実用面だけで考えるなら、恐らくこれが一番有力な案。

「未界域」のモンスター効果は、手札を公開できない状況下では発動する事が出来ない為、《相視相殺》で一時的に動きを封じる事が出来ます。

ただ、相手のハンドリソースを消費させられる構造のカードではない為、あくまで一時的な時間稼ぎです。

《正々堂々》と違って破壊されて突破される可能性も無いですし、まぁ、時間稼ぎとしては一応機能するのかな?(不安)。

でもなぁ…先攻で伏せないと全く意味がないカードだと思うので、負け先限定で輝くサイドって所ですね(狭いなぁ)。

余談:王女の試練の続きのシーン

これ、どう見ても《王女の試練》の続きのカットでしょ!

って事は、叩かれてるのは紙風船男の頭って事になりますよね…(笑)。

というか、この試練は一体何なんだ?

このカードじゃないとダメな理由が薄い

あえて挙げるなら《トラップトリック》,《悪魔嬢リリス》って所でしょうけど、逆に言うとそれ以外の理由は無さそうです。

面白くて可愛いカードだとは思いますが、巧みに使うのは難しいカードだと思います。

最近は《トラップトリック》《悪魔嬢リリス》を前提としたカードが増えたなぁ…。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    クランちゃん、イラストに入る構図的に仕方ないかもしれんけど鞭の持ち手で殴るのかい

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

【ロボッピの夢「機塊」カード効果考察】機械複製術等、クリマクス等の強力サポート併用可!相性の良い機械族テーマの選考が楽しい

『コレクションパック2020』に収録される「機塊」のカード情報が公

【遊戯王OCGイベント順次再開のお知らせ】6/1日から順次イベントが再開されるようです

新型コロナウイルスの影響で中止されていた遊戯王OCG関連イベント・

【ラーデッキの強みを考える】ラーの翼神竜-球体形(スフィアモード)が自然と収まる所に注目!蘇生連打も良いよね・・・

理想と現実の間で長年揺れ続けて来た《ラーの翼神竜》が、遂に飛翔する

「禁じられた一滴」の信頼感は異常!使ってみて実感する本当の強さ!前回の記事で紹介しきれなかった小ネタをご紹介

元々評価の高いカードではありましたが、使えば使うほどマジで強い事を

【ラッシュデュエル】キャラクターパック『ガクト・ロア・ロミン』発売決定!ロアは新キャラですね

【更新情報】「ラッシュデュエルニュース」更新! キャラクターデッ

【色んな魔導書の神判入りデッキと対戦した感想】ジョウゲンの制圧力が今ではやや厳しい印象

関連記事:【禁止カードの導】魔導書の神判は今なら許される説|灰流う

【ラッシュデュエル】セブンスロードマジシャンデッキレシピ|ちょっぴりガクト&ルーク要素あり

管理人(きゃすと)が実際に愛用しているラッシュデュエル用デッキをご

【機皇神龍トリスケリア等、機皇新規強化に思う事】アームズエイド装備は定番になるのかな?

『DP冥闇の決闘者編』に収録される「機皇」新規、《機皇神龍トリスケ

→もっと見る

PAGE TOP ↑