SPONSORED LINK

上・左・右・下のリンクマーカーを持つモンスター

ファイアウォール・ドラゴン※禁止カードです

リンク・効果モンスター
リンク4/光属性/サイバース族/攻2500
【リンクマーカー:上/左/右/下】
モンスター2体以上
①:このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、 このカードと相互リンクしているモンスターの数まで、 自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。 そのモンスターを持ち主の手札に戻す。 この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードのリンク先のモンスターが、 戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。 手札からモンスター1体を特殊召喚する。

 

素材指定・リンク数
  • トークンもそのまま使えちゃう緩々指定。中継を使わずとも《スケープ・ゴート》一枚で出せちゃいます。
  • このカードの汎用性は開発の想定内なのか否か…永遠の疑問です。
マーカ―方向
  • フル活用する場合はメインモンスターゾーンに出したいですね。というか出してこそのモンスターだと思います。
攻撃力
  • 効果で盤面を剥がすか凶悪なソリティアによって蓋をするの二択なので…打点が問題になるシーンは少ないです。出して困る場面なら他のリンクモンスターを優先すればいいだけなので…。

 

収録:【コード・オブ・ザ・デュエリスト・他】

素材も重いし、表側表示で存在する限り1度だけだし、相互リンクする必要もあるし大丈夫やろ…って言ったの誰だよ!(ブーメラン)

相手の盤面に干渉して殺しにかかってきたり、墓地からモンスターを回収して更なる展開に繋げたりと本当に器用!

せめて②効果にはターン1を付けるべきだった気がする…(いや、むしろこれ…効果自体つけない方が良かったんじゃ…)

最初からこんなに優秀なエースを持つ遊作くんの実力が怖ろしいですね。

除去とソリティアを兼ねた効果を持つモンスターはやっぱり危険だって事を再確認させてくれた一枚。

トロイメア・グリフォン

リンク・効果モンスター
リンク4/光属性/悪魔族/攻2500
【リンクマーカー:上/左/右/下】
カード名が異なるモンスター2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、 手札を1枚捨て、自分の墓地の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを自分フィールドにセットする。 そのカードはこのターン発動できない。 この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、 さらに自分はデッキから1枚ドローできる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 フィールドの特殊召喚されたモンスターはリンク状態でなければ効果を発動できない。

 

素材指定・リンク数
  • カード名が異なるという条件さえクリアすればどんなデッキでも使える汎用性の塊。
マーカ―方向
  • 積極的に相互リンクして行きたいモンスターなので十字マーカーは扱いやすくて〇
攻撃力
  • 相互リンクでガチガチにするカードですし打点の低さはご愛敬。むしろこれぐらいじゃないと困ります。

 

収録:【フレイムズ・オブ・デストラクション】

相互リンクしてると①効果でアドを得られるのが素晴らしい!

⓶効果による非リンクモンスター効果発動不可効果は自身にも適用されるので要注意。①で戻す魔法・罠カードの事を考えだすとワクワクが止まりませんね!

トポロジック・ガンブラー・ドラゴン

 
リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:上/左/右/下】
効果モンスター2体以上
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、 このカード以外のモンスターがリンクモンスターのリンク先に特殊召喚された場合に発動する。 自分は手札を任意の枚数ランダムに捨てる(最大2枚)。 その後、捨てた数だけ相手は手札を選んで捨てる。
(2):このカードがEXリンク状態の場合に発動できる。 相手は手札を2枚まで可能な限り選んで捨て、 この効果で相手の手札が0枚になった場合、 さらに相手に3000ダメージを与える。

 

素材指定・リンク数
  • トポロジックと言えばこの緩々素材です。
マーカ―方向
  • EXリンクがカギとなっている以上、このマーカー方向以外の選択はありませんね。
攻撃力
  • リボルバー様のリンク4枠と言えば攻撃力3000だよね!

 

収録:【コレクターズパック2018】

このカードの性能を100%引き出せるデッキはそこまで多くありませんが、展開力が高くEXリンクが容易なデッキや、自身のディスカードを利点に変えられるデッキならばかなり有能な一枚。

既に数多くの先行ハンデスコンボが考案されている恐ろしいカード。

関連記事:【トポロジック・ガンブラー・ドラゴンで先行ハンデス】EXリンクで火を噴く第三のトポロジック

上・左下・下・右下のリンクマーカーを持つモンスター

トポロジック・ボマー・ドラゴン

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
効果モンスター2体以上
①:このカードがモンスターゾーンに存在し、 フィールドのリンクモンスターのリンク先にこのカード以外のモンスターが特殊召喚された場合に発動する。 お互いのメインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する。 このターン、このカード以外の自分のモンスターは攻撃できない。
②:このカードが相手モンスターを攻撃したダメージ計算後に発動する。 その相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 

素材指定・リンク数
  • 【リンク2+リンク2】や【リンク3+効果モンスター】でも出せるので扱い易いです。(FWDとは比べてはいけない)
マーカ―方向
  • マーカー先にモンスターが特殊召喚されると発火するので前向きマーカーがデメリットになりにくいです。むしろ利点になる場合もあるのでベストなマーカーを持っていると言えるでしょう。
攻撃力
  • ヴァレルロードとはまた一味違った強さを持っています。相手を屠る殺意はコチラの方がやや高いかな?

 

収録:【コード・オブ・ザ・デュエリスト】

クラインの壺とメビウスの輪を模したビビッとくるデザインのリンクモンスター

自他を問わず、リンクモンスターのリンク先にモンスターが特殊召喚されると強制的発動する大爆発効果が魅力的。(自分のリンクマーカーじゃなくても誘発します。)

フリーチェーンのモンスター展開札を併用する事で相手の展開を大きく妨害する爆弾と化す!

攻撃力も高く、攻撃時のバーン効果も強力なので、かなりの逸材だと管理人は感じています。(素引きしたシクを大切に使っていきます(*´▽`*))

近年はこのカードを絡めたワンキルコンボが量産されつつある傾向にあります。

関連記事:【メインモンスターゾーン全破壊《トポロジック・ボマー・ドラゴン》効果考察】

鎖龍蛇-スカルデット

リンク・効果モンスター
リンク4/地属性/ドラゴン族/攻2800
【LINK-4:上/左下/下/右下】
カード名が異なるモンスター2体以上
①:このカードは、このカードのリンク素材としたモンスターの数によって以下の効果を得る。
●2体以上:このカードのリンク先にモンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動する。そのモンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
●3体以上:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。手札からモンスター1体を特殊召喚する。
●4体:このカードがリンク召喚に成功した時に発動できる。自分はデッキから4枚ドローし、その後手札を3枚選んで好きな順番でデッキの下に戻す。

 

素材指定・リンク数
  • 効果に見合ったリンク数と素材指定と言った印象。カード名が異なるモンスターを指定し、素材が増大になればなるほど効果も強大になっていくという点はたぎる。シュキ
マーカ―方向
  • 相手に向かって伸びるマーカーは効果の関係上デメリットに成り得るので要注意。しかし、自分メインモンスターゾーン3方向にキッチリ出ているのは立派である。
攻撃力
  • 他のリンク4モンスターと比較すると2500と3000の間に位置する打点で高くもなく低くもない。《剛鬼デストロイオーガ》と同じ打点。

 

収録:【エクストリーム・フォース】

全ての効果に名称ターン1が付いていない事でソリティア性能を危険視されている一枚。(というか実際危ない)

マーカー先のモンスターの攻守をUPする効果は強制効果なので相手モンスターに逆手にとられる可能性があるので要注意。

4体素材の手札交換は想像以上の強さです。

左・右・左下・右下のリンクマーカーを持つモンスター

ヴァレルロード・ドラゴン

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/ドラゴン族/攻3000
【リンクマーカー:左/左下/右下/右】
効果モンスター3体以上
(1):このカードはモンスター効果の対象にならない。
(2):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。 この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。 その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。 そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。

 

素材指定・リンク数
  • コスト軽減によって出すのがやや難しめに調整された素材指定。
  • 低リンクマーカーを中継にすれば《スケゴ》一枚で出せる指定です。
マーカ―方向
  • 前方向のマーカーを持たないので相手に利用される心配もありません。
  • EXモンスターゾーン、メインモンスターゾーンどちらでも機能するマーカーなので蘇生しても強く頼もしすぎます。
攻撃力
  • ライバルライン(3000)を持つ力の化身。
  • ②効果で3500までカバーできる上に自らが殴る場合は奪取効果によって打点差を無視する滅茶苦茶効果。
  • 個人的に《ギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴン》に似た安心感を与えてくれるモンスターだと感じています。

 

収録:【サーキット・ブレイク】

リボルバーのエースモンスターである《ヴァレルロード・ドラゴン》。

「ヴァレット」デッキにおける効果誘発役という重要な役割を担う大型モンスターですが、素材が重いだけあって単体での汎用性能も上々です。

モンスター効果に対する耐性、地味に見えるが使い方次第では超凶悪なチェーン不可ボーナス付きの弱体化。倒せぬ相手は奪ってしまえと言わんばかりの奪取効果で隙がありません。

関連記事:【リボルバーのエース?《ヴァレルロード・ドラゴン》効果考察】倒せぬならば奪い取れ!!

双穹の騎士アストラム

《双穹の騎士(ジャックナイツ・パラディオン)アストラム》 
リンク・効果モンスター
リンク4/光属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:左/右/左下/右下】
EXデッキから特殊召喚されたモンスター2体以上
(1):リンク召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードは相手の効果の対象にならず、相手は他のモンスターを攻撃対象に選択できない。
(2):このカードが特殊召喚されたモンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、その相手モンスターの攻撃力分アップする。
(3):リンク召喚したこのカードが相手によって墓地へ送られた場合に発動できる。フィールドのカード1枚を選んで持ち主のデッキに戻す。

 

素材指定・リンク数
  • この指定だからこそ出し易いデッキもあるのでメリットでもある
  • EXデッキから特殊召喚されたモンスターが墓地を経由した場合は素材に出来ないので要注意!
マーカ―方向
  • EXモンスターゾーンでもメインモンスターゾーンでもフル活用できる
攻撃力
  • 特殊召喚されたモンスター相手とのガチンコ対決では負けなし!
  • ホープ・ザ・ライトニングやヴァレルロードが天敵

 

収録:【ダーク・ネオストーム】

制圧能力が乏しいデッキでの先手展開選択肢として結構有能!

味方を守り、敵を屠り、やられたとしても相手の盤面に干渉できる真のエースモンスターです。

上・左・左下・下マーカーを持つリンクモンスター

ヴァレルソード・ドラゴン

 
リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/ドラゴン族/攻3000
【リンクマーカー:上/左/左下/下】
効果モンスター3体以上
(1):このカードは戦闘では破壊されない。
(2):1ターンに1度、攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを守備表示にする。 このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。 この効果の発動に対して相手は効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):1ターンに1度、このカードが表側表示モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。 ターン終了時まで、このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力の半分アップし、 そのモンスターの攻撃力は半分になる。

 

素材指定・リンク数
  • ヴァレルロード族らしい程よい素材制限
マーカ―方向
  • EXモンスターゾーンでもメインモンスターゾーンでも機能する
  • メインフィールドはEXモンスターゾーン
攻撃力
  • 素打点3000で十分強い上に効果で更に高めていくスタイル
  • 連撃も相まって破壊力が凄まじいです

 

収録:【サイバネティック・ホライズン】

③効果で打点を上げ、⓶の連撃で相手の顔面に大ダメージを叩き込むというのが基本コンセプトのようですが、⓶効果は相手ターンにも使えるので防御用にも使えて超便利。この手の連撃効果持ちに良くあるモンスター限定の二連撃じゃなく、制限なしの二連撃ってのも凄まじい…。

上・左・左下・下マーカーを持つリンクモンスター

揚陸群艦アンブロエール

《揚陸群艦アンブロエール》 
リンク・効果モンスター
リンク4/炎属性/機械族/攻2600
【リンクマーカー:左/右/下/右下】
効果モンスター2体以上
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、お互いの墓地のリンクモンスターの数×200アップする。
(2):このカードが破壊された場合、自分または相手の墓地のリンク3以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
(3):このカードが墓地に存在し、フィールドのリンク3以下のモンスターが戦闘・効果で破壊された場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

 

素材指定・リンク数
  • 効果モンスターなら何でもOK!数も2体以上
  • 効果を活かす事を考えるとリンク3を混ぜて軽減していきたい
マーカ―方向
  • EXモンスターゾーンでもメインモンスターゾーンでも機能する
  • どちらに出してもフル活用できるマーカー方向
攻撃力
  • お互いの墓地を参照するので打点期待値は高め
  • 展開までのサクセスを考えると3000は堅いか?

 

収録:【ダーク・ネオストーム】

②効果をきちんと活用できるかで強さが大幅に前後します。強力なリンク3モンスターを無理なく展開出来ているデッキで使うが吉。

他のリンクも同様に増え次第追記していきます


リンク1

リンク2

リンク3

リンク4

 

最初の頃と比べるとかなり豊富なラインナップになってきました☆

ちなみに管理人の一番好きな【リンク4】モンスターは《ヴァレルロード・ドラゴン》です( ˘•ω•˘ )b

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. RUMロマンス より:

    最新はスケゴからのファイアウォールをよく見るようになりましたね。

  2. 5000 より:

    ボマーはモンスターリセットして闇ウィルスの素材にしてと働き者ですよね。
    今後、この強さ使いやすさがこの二枚が目安になるのか、こいつらがゴヨウ枠になるのか期待。

  3. オッドアイズ使い より:

    ボマーの効果は、リンクモンスターのリンク先ならどこでも構いません。ボマー以外のリンク先でも反応しますよ。

  4. 匿名 より:

    ボマーはシンデレラと組んで爆弾魔になってくるのが恐ろしい・・・

  5. 匿名 より:

    トポロジック・ボマー・ドラゴンかっこいい……

    改めて並べてみると、FWDのバウンスがクイックスペルなのは、トポロジック・ボマー・ドラゴンに対抗する為なのでしょうかね。

  6. huyu より:

    ヴァレル、トポロジック…よき力だ(言いたいだけ)
    アニメで遊作はヴァレルをどうやって突破するんでしょかね。気になります。

  7. 匿名 より:

    他のトロイメアはマーメイド以外汎用認定されているのに忘れ去られるグリフォンさん。
    1は自身の無効化効果で微妙に使いにくくなってるお茶目なところありますが、魔法罠ならなんでもいいって言うのは便利ですし、2の無効化効果は割りと相手にすると嫌になる効果ですから汎用って感じもしますね。

    • cast より:

      スイマセン 更新が追い付いてないないのです…((+_+)) 近日中に追記しておきます~

  8. 匿名 より:

    前にヴァレルソードは相手のバグースカ起こせないから残念といいましたが、今更ですが自分のバグースカをフリーチェーンで寝かせることが可能なので自ターンで攻撃表示で攻撃参加とバグースカに効果耐性を与えつつ的確なタイミングで守備表示にする嫌らしい動きが可能ですね。
    モンスター効果はヴァレルソードの耐性を抜けてくるのでバグースカの効果無効は弱点を補ってるだけでなく、その後のチェーンも封じるというタイミング次第ではエフェクトヴェーラーやスキルドレイン等で無効する以上の損害与えること可能ですね。

    • cast より:

      おー そういえばそうですね これは面白いし実用性の高い動き。実際に回してみて追記を色々と考えたいと思います。

      • 匿名 より:

        まあ、これただの思い付きですので実際プレイすると効果モンスター3体必要のヴァレルソードにレベル4モンスター2体を並べるのは難しそうですけどね。
        リンクテーマならパラディオン辺りなら天窮、星振がレベル4なので可能な感じもしますね。
        星遺物を無理なく採用可能なので蘇生カードの星遺物を継ぐものも使えますし。

  9. ランチ より:

    YouTubeでスカルデッドを絡めた先行豪鬼エグゾワンターンキルデッキの動画を見ましたが、あれヤバいです。勝率8割以上らしいのですが、スカルデッドは早くも制限になりそうな予感です。一回見てください。本当にヤバいです。

  10. 通りすがり より:

    アンブロ君更新したんですね
    アンブロ君は、ヴァレル系に比べて出しやすい縛りでありながら、蘇生対象にもなる各属性リンクを中継に使いやすいのが助かります
    アンブロ破壊→ミセス蘇生&破壊→地回収&1枚除去と今までのリンク4に多かった、除去された場合のディスアドをかなり軽減出来る点が実際のデュエルで非常に優秀でした

  11. フェクダ より:

    アンブロエールはオルフェで使ってますがボマーの先に出せばボマー起動で墓地からオルフェリンクを蘇生出来ガラテアやロンギルスが破壊されたときに墓地から除外すれば場のカードを割り除外された後も機械族という種族によりオルフェリンクのコストになったりディンギルスの素材にして墓地に戻せたりして結構器用ですね
    後地味に展開し終わった後に腐りやすいイヴリースから蘇生してもそこそこ強いです

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【ロード・オブ・マジシャン(エンディミオン)デッキと相性の良いカード】魔力カウンター新時代!

本記事は『ストラクR-ロード・オブ・マジシャン』に収録される「

【呪眼(じゅがん)と相性の良いカード特集】セレンの呪眼に魅入られよ!初動安定札や妨害補助札を中心に紹介!

本記事は『呪眼』と相性の良いカードを考察・紹介していく記事です

【遊戯王コラボカードの軌跡】ポテト&チップス、ナナナ、ルシファー等、他社作品・商品とのコラボカードの歴史

本記事では、他社とのコラボによって生まれたコラボカードの軌跡をまと

【モンスト遊戯王コラボカード画像】限定カードゲットまでの方法・道のりを解説!

モンストコラボの限定コラボカードをゲットして参りました!

【無限起動と相性の良いカード特集】リリースに最適な地属性・機械族モンスター!列車との相性に注目!

本記事は『無限起動』と相性の良いカードを考察・紹介していく記事です

《魔法都市の実験施設(エンディミオン・ラボ)》は今日も大騒ぎ!7年の時を経て繋がるストーリー!

みんな大好きカードイラストストーリー考察コーナー! 今日の主

【無限起動モンスター・魔法・罠カードの効果が大量判明】小型建機から大型建機へのシフトが面白い!

「Yu-Gi-Oh.jp」にて、「無限起動」の情報が大量公開されま

【ウィッチクラフトと相性の良いカード特集】コストに最適な魔法カードや墓地肥やしカード等(※追記あり)

本記事は『ウィッチクラフト』と相性の良いカードを考察・紹介して

→もっと見る

PAGE TOP ↑