【契こうのヴルーレセンス|効果考察・使い方】レヴィオニアの効果を自由自在にコントロールできる1枚!【カオスもダムドも1枚でこなす】

『ブレイジング・ボルテックス』に収録された新カード《契こうのヴルーレセンス》の特集です。

コスト1枚でデッキから同名カードを2枚まで墓地に送くる効果を持つドラゴン族モンスター。墓地効果で属性を闇にスイッチする事で光と闇を参照するあらゆるカードをサポートする1枚です。

単体で強いカードではありませんが、1枚のモンスターでこれだけの事が出来るのは素直に凄いですよね。……まぁ、先攻で使い辛いテキストなのが最大の課題ですかねぇ…。

スポンサーリンク

契こうのヴルーレセンス|効果考察・使い方

効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻1600/守 800
(1):相手フィールドにモンスターが存在し、このカードが召喚に成功した時、手札を1枚捨てて発動できる。デッキから「契こうのヴルーレセンス」を任意の数だけ墓地へ送る。
(2):1ターンに1度、このカードが墓地に存在する場合に発動できる。墓地のこのカードはターン終了時まで闇属性になる。

収録:【ブレイジング・ボルテックス】

墓地肥やし性能が高く属性参照サポートとしても破格な性能

ハンドコストが多少気になりはしますが、1つの効果で同名モンスターを一気に2体も墓地に送れるのは流石に優秀。しかも②効果に名称ターン1が無いので、墓地の全ての《ブルーレセンス》の属性を同一ターン中に変更できちゃう訳ですから、属性サポートとしては相当破格な効果だと思います。

何気に①効果にもターン1が無いので、落とした上でグルグルしてデッキに戻し、召喚権をどうにかしてもう一度召喚すればもう1ループする事も出来ますなぁ~(やる意味は考えないとですが…)。

課題は先行で使いづらい効果である事

最大の欠点はやはり相手フィールドのモンスターを参照している点でしょうね。

「先攻では使わせない!」という鉄の意志を感じるテキストですが、相手フィールドにモンスターを送り付けたりすれば先攻でも使う事が出来るので、一応やりようはあります。

・・・・・・しかし、その為に1枚使っている余裕は正直無さそうなので、後攻からの1手に特化した方が現実的な気もしますねぇ……。

後攻からダムドでオラオラするデッキなら色々気にならない気がします。

ヴルーレセンスと相性の良いカード

カオスモンスター

光と闇を自由にスイッチできるモンスターなので「カオス」関連のモンスターとのシナジーは十分!

『ワールドプレミアパック2020』に収録された「カオス」絡みのカードとのシナジーも恐らく意識されていると思われます。

混源龍レヴィオニア

特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守 0
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光・闇属性モンスターを合計3体除外した場合に特殊召喚できる。
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):この方法でこのカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。
その特殊召喚のために除外したモンスターの属性によって以下の効果を適用する。
このターン、このカードは攻撃できない。
●光のみ:自分の墓地からモンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。
●闇のみ:相手の手札をランダムに1枚選んでデッキに戻す。
●光と闇:フィールドのカードを2枚まで選んで破壊する。

レヴィオニアの3つの効果を自由自在に選べる

簡単にコストを用意できるだけでなく、除外するモンスターの属性も自由にコントロールできるのがポイント。光のみ・闇のみ効果は結構意識しないと狙えない事が多いので本当に偉いです。

ダーク・アームド・ドラゴン

特殊召喚・効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守1000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の闇属性モンスターが3体の場合のみ特殊召喚できる。
(1):自分の墓地から闇属性モンスター1体を除外し、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

滅茶苦茶簡単に墓地闇3体が可能になる
《ヴルーレセンス》の効果で2体墓地に送って、その後《ストライカー・ドラゴン》をリンク召喚すればコスト分のハンドも返って来てハッピーハッピー!
今回の「アームド・ドラゴン」新規を意識してちょっぴり関連付けて来たんでしょうか?

闇・光の霊神

闇霊神オブルミラージュ
特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2800/守2200
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の闇属性モンスターが5体の場合のみ特殊召喚できる。
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。デッキから攻撃力1500以下のモンスター1体を手札に加える。
(2):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合、次の自分ターンのバトルフェイズをスキップする。

 

光霊神フォスオラージュ
特殊召喚・効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2800/守2200
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性モンスターが5体の場合のみ特殊召喚できる。
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
(2):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合、次の自分ターンのバトルフェイズをスキップする。

エレメントセイバーみたいな事ができるって訳
足りない場合は属性数を増やし、多すぎる場合は属性数を減らす事が出来る。言うなれば光・闇限定の「エレメントセイバー」ムーブが可能になるって事ですね。コストやリンク召喚を加味すれば1枚+コストから5体参照まで行けそうな気はします。

白黒セット:コラプワイバー

月並みだけどコラプワイバーセット。最近はピンでグルグルする事が多いので《ヴルーレセンス》のサポートが必要かどうかは若干微妙。

墓地の闇・光を参照するカードのサポートとして一級品ですね

単体でぶっ壊れている類のカードではないですが、属性サポートとしてはかなり極まった性能だと思います。

中でも《混源龍レヴィオニア》とのシナジーはかなり良い感じなので、これをメインに据えたカオスドラゴンデッキとか組んでみても面白いかもしれませんねぇ……(*’ω’*)

あと、《ヴルーレセンス》の効果に誘発を投げるかどうかは割と悩ましいですね……(何が起こるのか未知数過ぎるし、割と何も起こらない可能性もあるので…w)

コメント

  1. やっぱカオス系が真っ先に上がりますよねー
    というかカオス・ダーク・霊神以外に墓地の属性参照するカード少なくて…
    一応ダークの一種ではありますが、あがってないものにはダーククリエイターとかありますかねー

  2. ワールドプレミアムではなくワールドプレミアでは?

    • 本当だ…( ;∀;)
      直しておきます

タイトルとURLをコピーしました